HOME > 今日は何の日 > 7月2日は何の日

7月2日は何の日

7月2日は「うどんの日」「タコの日」「たわしの日」です。

また、毎年7月2日頃が雑節「半夏生(はんげしょう)」になります(2022年と2023年は7月2日)。半夏(烏柄杓)という植物が生える頃です。

月日 何の日
7月1日 「東京都政記念日」「びわ湖の日」「麦チョコの日」
7月2日 「うどんの日」「タコの日」「たわしの日」
7月3日 「ソフトクリームの日」「通天閣の日」「オロナミンCの日」
月日 出来事
7月1日 香港がイギリスから中国へ返還される(1997年)
7月2日 金閣寺放火事件(1950年)
7月3日 スクーンの石 – 700年ぶりにスコットランドに返還へ(1996年)
誕生日 偉人
7月1日 ダイアナ妃(元イギリス皇太子妃)
7月2日 ヘルマン・ヘッセ(小説家)
7月3日 フランツ・カフカ(小説家)
誕生日 誕生花 花言葉
7月1日 ヒメユリ 「誇り」
7月2日 キンギョソウ 「おしゃべり」「でしゃばり」「おせっかい」「推測ではやはりNO」
7月3日 ハス 「清らかな心」「神聖」「離れゆく愛」「雄弁」
今日の名言

人間の一生は誠にわずかの事なり。
好いた事をして暮らすべきなり。
夢の間の世の中に、好かぬ事ばかりして、苦しみて暮らすは愚かな事なり。

- 山本常朝 -

(江戸時代の佐賀鍋島藩士、『葉隠』の口述者 / 1659~1719)

以下では7月2日の記念日の由来出来事の詳細、7月2日生まれの有名人誕生花などをご紹介します。

7月2日の記念日・行事

7月2日の記念日・行事は「うどんの日」「タコの日」「たわしの日」などです。

雑節の「半夏生(はんげしょう)」は、7月2日頃です(2022年と2023年は7月2日)。半夏(烏柄杓)という植物が生える頃です。

【関連・参考サイト】
半夏生(Wikipedia)

うどんの日

日付は、古くから香川県の農家では、麦刈りから田植えまでの忙しい日々が一段落する雑節の「半夏生」の日(7月2日頃)に、田植えや麦刈りで忙しかった繁忙期の労をねぎらう意味でうどんを食べる風習があったことから。
うどんの消費拡大を目的に香川県製麺事業協同組合が1980年(昭和55年)に制定。

この日、香川県では天満宮への献麺式やうどん接待(無料サービス)が行われます。

【関連・参考サイト】
おっとびっくり!うどん文化(香川県観光協会)
うどん(Wikipedia)

タコの日

日付は、関西地方では雑節の「半夏生」の日(7月2日頃)にタコを食べる人が多いことから。
この時期は雨が多く、農作物がタコの吸盤のように大地にはいつき、しっかり根付くようにという願いと、夏に向けて体力・精力をつけるという意味が込められています。蛸研究会が制定。

タコの足の数が8本であることから8月8日も「タコの日」となっています。

【関連・参考サイト】
タコ(Wikipedia)

たわしの日

1915年(大正4年)7月2日、亀の子束子西尾商店の初代社長・西尾正左衛門氏が「束子(たわし)」の特許を取得したことから。
商品の販売促進を目的に、「亀の子束子」を中心に多くの洗浄用品を製造・販売している株式会社亀の子束子西尾商店が制定。

丈夫で長持ち、機能的な形と洗い心地の良さから多くの家庭で愛されている「亀の子束子」。名前は形が長寿で縁起の良い亀に似ていることから、親しみやすい亀の子と名付けれられました。

亀の子束子

【関連・参考サイト】
亀の子束子西尾商店
たわし(Wikipedia)

7月2日の記念日一覧

7月2日の記念日・行事
月日 何の日 制定・提唱
7月2日 うどんの日 香川県生麺事業協同組合
7月2日 タコの日 蛸研究会
7月2日 たわしの日 (株)亀の子束子西尾商店
7月2日 ユネスコ加盟記念日
7月2日 救世軍創立記念日
7月2日 柿渋の日 (株)柿多冨
7月2日 谷川岳の日 群馬県みなかみ町
7月2日 真ん中の日 アッカープランニング
7月2日 全国なまずサミット・なまずの日 全国なまずサミット
7月2日 アマニの日 (株)ニップン
7月2日 北海道米「ななつぼし」の日 北海道米販売拡大委員会
7月2日 布ナプキンの日 (株)千趣会
毎月2日の記念日・行事
月日 何の日 制定・提唱
毎月2日 麩の日 協同組合全国製麩工業会
毎月2日 日本旅行の日 (株)日本旅行

【関連・参考サイト】
7月2日(Wikipedia)
日本記念日協会

7月の二十四節気・雑節

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたものです。
7月は梅雨明けが近づき、暑さが本格的になる「小暑(しょうしょ)」、一年で最も暑さが厳しくなる「大暑(たいしょ)」へと季節が移り変わります。

雑節(ざっせつ)は、二十四節気以外の季節の移り変わりの目安となる日(期間)。
半夏という植物が生える7月2日頃が「半夏生(はんげしょう)」。立秋の直前18日間が「土用(どよう)」になります。

7月の二十四節気
季節 二十四節気 時期
小暑 2022年は7月7日、2023年は7月7日
大暑 2022年は7月23日、2023年は7月23日
7月の雑節
雑節 説明 時期
半夏生 半夏という植物が生える頃 2022年は7月2日、2023年は7月2日
土用 立秋の直前18日間 2022年は7月20日~8月6日、2023年は7月20日~8月7日
土用の丑の日 鰻を食べる風習がある日 2022年は7月23日・8月4日、2023年は7月30日
二十四節気 雑節

7月2日の誕生花

7月2日の誕生花は「キンギョソウ」「クレマチス」です。

キンギョソウの花言葉は「おしゃべり」「でしゃばり」などです。これらの花言葉は、口をぱくぱくさせて話しているような花姿にちなみます。

月日 誕生花 花言葉
7月2日 キンギョソウ 「おしゃべり」「でしゃばり」「おせっかい」「推測ではやはりNO」
7月2日 クレマチス 「精神の美」「旅人の喜び」「策略」

キンギョソウ(開花時期は3月~6月、9月~10月)

キンギョソウ
photo: Bennilover

クレマチス(開花時期は4月~10月 – 種により異なる)

クレマチス
photo: tonko43

7月に咲く花

7月に咲く花は「ハス」「ヒマワリ」「アサガオ」「サルスベリ」「グロリオサ」「グラジオラス」「ナデシコ」「ハイビスカス」「コスモス」「キョウチクトウ」「ムクゲ」などです。

【関連・参考サイト】
7月2日の誕生花
7月の花

7月2日の誕生石

「自分の生まれた月の宝石を身につけると幸せが訪れる」といわれます。7月2日生まれの誕生石(7月の誕生石)は「ルビー」です。

ルビーの石言葉は「情熱」「仁愛」「威厳」です。

ルビー

赤色が特徴的なルビー(Ruby)。赤が濃く、深く、透明度の高いものほど品質の良いルビーとされています。名前もラテン語で「赤」を意味する「rubeus(ルベウス) 」に由来します。

古代ギリシア・ローマでは、軍神マルスが宿る護身の宝石とされ、戦場の兵士たちは病気・呪い・悪運などを防ぐお守りとしてルビーを身につけたといいます。
アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。

各月の誕生石
誕生石 石言葉
1月 ガーネット 「真実」「友愛」「忠実」
2月 アメシスト 「誠実」「心の平和」
3月 アクアマリン、サンゴ、ブラッドストーン 「沈着」「勇敢」「聡明」 (アクアマリン)、「長寿」「幸福」 (サンゴ)、「勇気」「献身」 (ブラッドストーン)
4月 ダイヤモンド 「清浄無垢」
5月 エメラルド、ヒスイ 「幸運」「幸福」 (エメラルド)、「長寿」「健康」「安定」 (ヒスイ)
6月 パール、ムーンストーン 「健康」「長寿」「富」 (パール)、「恋の予感」「純粋な愛」 (ムーンストーン)
7月 ルビー 「情熱」「仁愛」「威厳」
8月 ぺリドット 「夫婦の幸福」「和合」
9月 サファイア 「慈愛」「誠実」「徳望」
10月 オパール、トルマリン 「希望」「幸運」 (オパール)、「寛大」「忍耐」「友情」 (トルマリン)
11月 トパーズ、シトリン 「友情」「希望」「潔白」 (トパーズ)、「友愛」「希望」 (シトリン)
12月 ターコイズ、タンザナイト、ラピスラズリ 「成功」 (ターコイズ)、「高貴」「冷静」 (タンザナイト)、「幸運」「健康」 (ラピスラズリ)

【関連・参考サイト】
誕生石(Wikipedia)
ルビー(Wikipedia)

7月2日の星座

7月2日生まれの星座は「かに座」です。
かに座の期間は6月22日~7月22日です。

誕生日 星座 英語
7月2日 かに座 Cancer (キャンサー)
黄道十二星座
12星座 英語 誕生日
おひつじ座 Aries (アリエス) 3月21日~4月19日
おうし座 Taurus (タウルス) 4月20日~5月20日
ふたご座 Gemini (ジェミニ) 5月21日~6月21日
かに座 Cancer (キャンサー) 6月22日~7月22日
しし座 Leo (レオ) 7月23日~8月22日
おとめ座 Virgo (ヴァルゴ) 8月23日~9月22日
てんびん座 Libra (ライブラ) 9月23日~10月23日
さそり座 Scorpio (スコーピオ) 10月24日~11月22日
いて座 Sagittarius (サジタリアス) 11月23日~12月21日
やぎ座 Capricorn (カプリコーン) 12月22日~1月19日
みずがめ座 Aquarius (アクエリアス) 1月20日~2月18日
うお座 Pisces (ピスケス) 2月19日~3月20日

【関連・参考サイト】
黄道十二星座(Wikipedia)

7月2日生まれの有名人

7月2日生まれの有名人は「ヘルマン・ヘッセ(小説家)」「西川きよし(お笑いタレント)」「三宅健(俳優)」などです。

ヘルマン・ヘッセ(小説家)

ヘルマン・ヘッセ

1877年(明治10年)7月2日、ドイツ南部カルフの宣教師の家に生まれる。
ヘッセは4歳の頃から詩を作っていたという。

14歳のときに神学校に入学。しかし、半年で学校から脱走。自殺未遂を図ったため神経科病院に入院。
退院後に中等教育機関のギムナジウムに入学するも退学。その後、本屋の見習い店員となるが3日で脱走。
これらの経験は1905年(明治38年)に発表された『車輪の下』の原体験となる。

その後、さまざまな職に就きながら作品を執筆。1899年に最初の詩集を自費出版。

1912年(明治45年)にスイスのベルンに移る。第一次世界大戦中(1914~1918)はベルンにあるドイツ人捕虜救援局で働く。

ヘッセは戦争の影響などで精神的危機を経験。分析心理学で有名なユングの弟子たちの助けを借りながら、精神の回復を遂げる。そのなかで、ヘッセの深い精神世界を描いた作品が、1919年に発表された『デミアン』である。

それ以降の作品には、現代文明への強烈な批判と洞察、精神的な問題点などが描かれ、ヘッセはドイツ文学を代表する作家となる。

1946年(昭和21年)にノーベル文学賞とゲーテ賞を受賞。

1962年(昭和37年)8月、ヘルマン・ヘッセはスイス・モンタニョーラの自宅で死去。85年の生涯を閉じました。

ヘルマン・ヘッセの名言

しがみつくことで強くなれると考える者もいる。
しかし時には手放すことで強くなれるのだ。

【関連・参考サイト】
ヘルマン・ヘッセ(Wikipedia)
ヘルマン・ヘッセの名言

7月2日生まれの有名人一覧

7月2日生まれの有名人
誕生日 有名人 職業 年齢
1877年7月2日 ヘルマン・ヘッセ ドイツ生まれの小説家(ノーベル文学賞受賞) 85歳没
1922年7月2日 ピエール・カルダン フランスのファッションデザイナー 98歳没
1940年7月2日 浅丘ルリ子 女優 82歳
1946年7月2日 西川きよし お笑いタレント 76歳
1952年7月2日 小柳ルミ子 歌手、女優 70歳
1979年7月2日 三宅健 俳優、歌手 43歳
1984年7月2日 藤井リナ ファッションモデル 38歳

7月2日の出来事

7月2日の出来事は「金閣寺放火事件(1950年)」などです。

金閣寺放火事件(1950年)

1950年(昭和25年)7月2日未明、京都市の鹿苑寺(通称・金閣寺)境内の国宝・金閣が放火により焼失。創建者である室町幕府3代将軍足利義満の木像など多くの貴重な文化遺産も失われました。

後日、放火の犯人は同寺の若い学僧であったことが判明。動機を「金閣の優美さをのろい、反感をおさえきれなかった」などと自供。
三島由紀夫はこの事件をモデルにし、小説『金閣寺』(1956年)を発表しました。

現在の金閣は、事件から5年後の1955年(昭和30年)に再建されたものです。
金閣は明治時代に大修理が施されており、その際に詳細な図面が作成されていたことからきわめて忠実な再現が可能でした。

金閣寺放火事件

【関連・参考サイト】
金閣寺放火事件(Wikipedia)

7月2日の出来事一覧

7月2日の出来事
年月日 出来事
626年7月2日 唐の初代皇帝李淵の次男李世民が宮中に乱入、長兄の皇太子李建成と弟李元吉を暗殺、実権を掌握。(玄武門の変)
1582年7月2日 山崎の戦い。羽柴秀吉が明智光秀を破り、光秀は敗走中に雑兵に刺殺される。
1644年7月2日 イングランド内戦: マーストン・ムーアの戦い。クロムウェル率いる鉄騎隊がルパートの騎兵を潰走させて武名をあげる。
1698年7月2日 トーマス・セイヴァリが蒸気機関の特許を取得。
1757年7月2日 ニューカッスル公トマス・ペラム=ホールズがイギリスの6代首相に就任。
1777年7月2日 バーモント州がアメリカ合衆国で初めて奴隷制を廃止。
1839年7月2日 アミスタッド号事件。奴隷船に収容されていたアフリカ人奴隷53名がキューバ沖で反乱を起こし、船を乗っ取る。
1860年7月2日 ロシア帝国の輸送船「マンジュール号」が金角湾に到達、湾の北岸に砦の建設を開始、ウラジオストク開基の日とされる。
1871年7月2日 イタリア王国による教皇領の占領後初めて、イタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世がローマに入城。首都をフィレンツェからローマに移す。
1881年7月2日 ガーフィールド大統領暗殺事件:チャールズ・J・ギトーがワシントンD.C.でジェームス・ガーフィールド大統領を銃撃し、重傷を負わせる。
1883年7月2日 日本の官報が創刊される。
1900年7月2日 ドイツのフリードリッヒシャフェンで飛行船ツェッペリン号が初飛行。
1916年7月2日 第1回サッカー南米選手権(コパ・アメリカ)開催。
1929年7月2日 日本で、田中義一内閣が総辞職。同日、濱口雄幸が第27代内閣総理大臣に就任し、濱口内閣が発足。
1931年7月2日 万宝山事件が起こる。
1937年7月2日 世界一周飛行中の女性飛行士アメリア・イアハートが南太平洋で消息を絶つ。
1941年7月2日 第二次世界大戦: 御前会議で対ソ戦準備・フランス領インドシナ侵攻に伴う対米英戦準備を明記した「情勢ノ推移ニ伴フ帝国国策要綱」を決定。
1941年7月2日 第二次世界大戦: 大本営が関東軍特種演習を発動。
1950年7月2日 金閣寺放火事件が起こる。
1959年7月2日 大躍進政策: 廬山会議が始まる。
1962年7月2日 ウォルマート第1号店が米アーカンソー州ベントンビルで開店。
1963年7月2日 日清食品が世界初の即席焼そば「日清焼そば」の発売を開始。
1964年7月2日 公民権運動: リンドン・ジョンソン米大統領が公民権法に署名し、法律が施行。
1966年7月2日 フランスが核実験を初めてムルロア環礁で実施。
1967年7月2日 初めてのガンマ線バーストであるGRB 670702がアメリカの核実験監視衛星ヴェラ3およびヴェラ4によって発見される。
1968年7月2日 東大安田講堂事件: 学生が安田講堂を再びバリケード封鎖。
1973年7月2日 ジェームズ・シュレジンガーがアメリカ国防長官に就任。
1976年7月2日 北ベトナムと南ベトナムが統一し、国名をベトナム社会主義共和国に改称。
1977年7月2日 第1回鳥人間コンテスト選手権大会が開催される。
1985年7月2日 ハレー艦隊: 欧州宇宙機関 (ESA) がハレー彗星探査機ジオットを打ち上げ。
1990年7月2日 メッカで巡礼者が将棋倒しになり1426人が死亡。
1994年7月2日 サッカーワールドカップ・アメリカ大会でオウンゴールをしたコロンビア代表選手アンドレス・エスコバルが射殺される。
1995年7月2日 都営地下鉄浅草線・5000形車両がこの日の運用を最後に現役を引退する。
1997年7月2日 タイ政府がタイバーツの変動相場制を導入。これを契機としてアジア通貨危機が始まる。
1998年7月2日 富士銀行行員顧客殺人事件。
2000年7月2日 ビセンテ・フォックス・ケサーダがメキシコの大統領に選出、66年にわたる制度的革命党政権から政権交代。
2000年7月2日 小林雅英(当時・千葉ロッテマリーンズ)がプロ野球史上初の打者0人で勝利投手となる。
2002年7月2日 スティーヴ・フォセットが世界初の気球による単独世界一周飛行を達成。
2003年7月2日 プラハで開かれた第115回IOC総会で2010年の冬季オリンピックの開催地がバンクーバーに決定。
2004年7月2日 ASEAN地域フォーラムにパキスタンの参加が認められる。
2005年7月2日 アフリカ救済のチャリティ・コンサート「Live 8」を幕張メッセなど世界10都市で公演。
2008年7月2日 コロンビアで誘拐されたイングリッド・ベタンクールが6年ぶりに救出。
2010年7月2日 クリスティアン・ヴルフがドイツ大統領に就任。
2016年7月2日 オーストラリア下院議会選挙。保守連合(オーストラリア自由党、オーストラリア国民党)が勝利。
2017年7月2日 東京都議会議員選挙で小池百合子東京都知事率いる地域政党都民ファーストの会が公認候補50人中49人が当選する大勝利を収め、都議会第一党となった。一方、これまで第一党だった自民党は、過去最低の23議席に終わり、大惨敗を喫した。
2017年7月2日 第30期竜王戦決勝トーナメント、佐々木勇気五段−藤井聡太四段戦が東京・将棋会館で行われた。藤井聡太四段はプロデビュー以来負けなしで、前人未到の30連勝をかけた対局だったが佐々木勇気五段に敗れ、公式戦で初の敗北を喫した。
2018年7月2日 羽生結弦に国民栄誉賞が授与。
2020年7月2日 千葉県習志野市に隕石が落下した(習志野隕石)。

【関連・参考サイト】
7月2日(Wikipedia)