HOME > 今日は何の日 > 7月3日は何の日

7月3日は何の日

7月3日は「ソフトクリームの日」「通天閣の日」「オロナミンCの日」などです。

月日 何の日
7月2日 「うどんの日」「タコの日」「たわしの日」
7月3日 「ソフトクリームの日」「通天閣の日」「オロナミンCの日」
7月4日 「アメリカ独立記念日」「梨の日」「シーザーサラダの日」
月日 出来事
7月2日 金閣寺放火事件(1950年)
7月3日 スクーンの石 – 700年ぶりにスコットランドに返還へ(1996年)
7月4日 世界各地で超新星SN 1054が観測される(1054年)
誕生日 偉人
7月2日 ヘルマン・ヘッセ(小説家)
7月3日 フランツ・カフカ(小説家)
7月4日 中谷宇吉郎(人工雪の作成に成功)
誕生日 誕生花 花言葉
7月2日 キンギョソウ 「おしゃべり」「でしゃばり」「おせっかい」「推測ではやはりNO」
7月3日 ハス 「清らかな心」「神聖」「離れゆく愛」「雄弁」
7月4日 ネジバナ 「思慕」
366日 偉人の名言

一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。

- 渋沢栄一 -

(日本の武士、官僚、実業家、日本資本主義の父 / 1840~1931)

以下では7月3日の記念日の由来出来事の詳細、7月3日生まれの有名人や誕生花・誕生石などをご紹介します。

7月3日の記念日・行事

7月3日の記念日・行事は「ソフトクリームの日」「通天閣の日」「オロナミンCの日」などです。

ソフトクリームの日

1951年(昭和26年)7月3日、明治神宮外苑で行われた米軍主催のアメリカ独立記念日(7月4日)を祝うカーニバルで、日本初となるコーンスタイルのソフトクリームが販売されたことから。
日本ソフトクリーム協議会が1990年(平成2年)に制定。

それまでアイスクリームは食べられていましたが、フリーザーから直接コーンに盛った、できたてのソフトクリームを一般の人たちが口にするのは初めてでした。
柔らかくなめらかな口当たりが人気を博し、日本でもソフトクリームが急速に普及しました。

【関連・参考サイト】
ソフトクリーム(Wikipedia)

通天閣の日

1912年(明治45年)7月3日、大阪府大阪市浪速区に通天閣が完成したことから。

1903年(明治36年)の第5回内国勧業博覧会の会場跡地に、大阪の新名所というふれこみで「新世界」が誕生。その中心にフランス・パリのエッフェル塔と凱旋門を模した鉄塔が建てられました。
高さ64メートルは当時の東洋一とされ、「天に通じる高い建物」との意味で「通天閣」と命名されました。

初代通天閣は1943年(昭和18年)に火災で焼失。住民の希望もあって、現存する2代目が1956年(昭和31年)に開業しました。

初代通天閣(1912年頃撮影)
初代通天閣

【関連・参考サイト】
通天閣(Wikipedia)

オロナミンCの日

日付は「オロナ(7)ミ(3)ンC」と読む語呂合わせから。
2011年(平成23年)5月にオロナミンCの国内累計販売本数300億本を達成し、これからも日本中に「元気」をあふれさせたいとの思いから、大塚製薬株式会社が制定。

オロナミンCは、1965年(昭和40年)の発売以来「元気ハツラツ!」というメッセージのもと、世代を超えて多くの方に愛され続けています。

オロナミンC

【関連・参考サイト】
オロナミンCのヒストリー(大塚製薬)

7月3日の記念日一覧

7月3日の記念日・行事
月日 何の日 制定・提唱
7月3日 ソフトクリームの日 日本ソフトクリーム協議会
7月3日 通天閣の日
7月3日 オロナミンCの日 大塚製薬(株)
7月3日 七味の日 (株)向井珍味堂
7月3日 波の日 (株)サイバード
7月3日 渚の日 ナギサビール(株)
7月3日 涙の日 ドライアイ研究会
7月3日 塩と暮らしの日 (公財)塩事業センター
毎月3日の記念日・行事
月日 何の日 制定・提唱
毎月3日 くるみパンの日 カリフォルニアくるみ協会
毎月3日 みたらしだんごの日 山崎製パン(株)

【関連・参考サイト】
7月3日(Wikipedia)
日本記念日協会

7月の二十四節気・雑節

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたものです。
7月は梅雨明けが近づき、暑さが本格的になる「小暑(しょうしょ)」、一年で最も暑さが厳しくなる「大暑(たいしょ)」へと季節が移り変わります。

雑節(ざっせつ)は、二十四節気以外の季節の移り変わりの目安となる日(期間)。
半夏という植物が生える7月2日頃が「半夏生(はんげしょう)」。立秋の直前18日間が「土用(どよう)」になります。

7月の二十四節気
季節 二十四節気 時期
小暑 2022年は7月7日、2023年は7月7日
大暑 2022年は7月23日、2023年は7月23日
7月の雑節
雑節 説明 時期
半夏生 半夏という植物が生える頃 2022年は7月2日、2023年は7月2日
土用 立秋の直前18日間 2022年は7月20日~8月6日、2023年は7月20日~8月7日
土用の丑の日 鰻を食べる風習がある日 2022年は7月23日・8月4日、2023年は7月30日
二十四節気 雑節

7月3日の誕生花

7月3日の誕生花は「ハス」「ヒメユリ」「マツバギク」です。

ハスの花言葉は「清らかな心」「雄弁」などです。「清らかな心」は、ハスが泥水の中から生じて、気高く清らかな花を咲かせることに由来します。「雄弁」は、ハスがエジプト神話に登場する神オシリスに捧げられ、オシリスが雄弁であったことにちなみます。

ハスとスイレンの見分け方

蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)は混同されやすい植物ですが、見分けるには葉の形を見るのが簡単です。
葉に切れ込みがあるのがスイレン、切れ込みがないのがハスになります。
また、スイレンは水面近くで咲き、ハスの花は水面より高く上がり咲きます。

月日 誕生花 花言葉
7月3日 ハス 「清らかな心」「神聖」「離れゆく愛」「雄弁」
7月3日 ヒメユリ 「誇り」
7月3日 マツバギク 「怠惰」「怠け者」「勲功」

ハス(開花時期は7月~8月)

ハス
photo: Otota DANA

ヒメユリ(開花時期は6月~7月)

ヒメユリ
photo: Motohiro Sunouchi

マツバギク(開花時期は4月~8月)

マツバギク
photo: Hideyuki KAMON

7月に咲く花

7月に咲く花は「ハス」「ヒマワリ」「アサガオ」「サルスベリ」「グロリオサ」「グラジオラス」「ナデシコ」「ハイビスカス」「コスモス」「キョウチクトウ」「ムクゲ」などです。

【関連・参考サイト】
7月3日の誕生花
7月の花

7月3日の誕生石

「自分の生まれた月の宝石を身につけると幸せが訪れる」といわれます。7月3日生まれの誕生石(7月の誕生石)は「ルビー」です。

ルビーの石言葉は「情熱」「仁愛」「威厳」です。

ルビー

赤色が特徴的なルビー(Ruby)。赤が濃く、深く、透明度の高いものほど品質の良いルビーとされています。名前もラテン語で「赤」を意味する「rubeus(ルベウス) 」に由来します。

古代ギリシア・ローマでは、軍神マルスが宿る護身の宝石とされ、戦場の兵士たちは病気・呪い・悪運などを防ぐお守りとしてルビーを身につけたといいます。
アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。

各月の誕生石
誕生石 石言葉
1月 ガーネット 「真実」「友愛」「忠実」
2月 アメシスト 「誠実」「心の平和」
3月 アクアマリン、サンゴ、ブラッドストーン 「沈着」「勇敢」「聡明」 (アクアマリン)、「長寿」「幸福」 (サンゴ)、「勇気」「献身」 (ブラッドストーン)
4月 ダイヤモンド 「清浄無垢」
5月 エメラルド、ヒスイ 「幸運」「幸福」 (エメラルド)、「長寿」「健康」「安定」 (ヒスイ)
6月 パール、ムーンストーン 「健康」「長寿」「富」 (パール)、「恋の予感」「純粋な愛」 (ムーンストーン)
7月 ルビー 「情熱」「仁愛」「威厳」
8月 ぺリドット 「夫婦の幸福」「和合」
9月 サファイア 「慈愛」「誠実」「徳望」
10月 オパール、トルマリン 「希望」「幸運」 (オパール)、「寛大」「忍耐」「友情」 (トルマリン)
11月 トパーズ、シトリン 「友情」「希望」「潔白」 (トパーズ)、「友愛」「希望」 (シトリン)
12月 ターコイズ、タンザナイト、ラピスラズリ 「成功」 (ターコイズ)、「高貴」「冷静」 (タンザナイト)、「幸運」「健康」 (ラピスラズリ)

【関連・参考サイト】
誕生石(Wikipedia)
ルビー(Wikipedia)

7月3日の星座

7月3日生まれの星座は「かに座」です。
かに座の期間は6月22日~7月22日です。

誕生日 星座 英語
7月3日 かに座 Cancer (キャンサー)
黄道十二星座
12星座 英語 誕生日
おひつじ座 Aries (アリエス) 3月21日~4月19日
おうし座 Taurus (タウルス) 4月20日~5月20日
ふたご座 Gemini (ジェミニ) 5月21日~6月21日
かに座 Cancer (キャンサー) 6月22日~7月22日
しし座 Leo (レオ) 7月23日~8月22日
おとめ座 Virgo (ヴァルゴ) 8月23日~9月22日
てんびん座 Libra (ライブラ) 9月23日~10月23日
さそり座 Scorpio (スコーピオ) 10月24日~11月22日
いて座 Sagittarius (サジタリアス) 11月23日~12月21日
やぎ座 Capricorn (カプリコーン) 12月22日~1月19日
みずがめ座 Aquarius (アクエリアス) 1月20日~2月18日
うお座 Pisces (ピスケス) 2月19日~3月20日

【関連・参考サイト】
黄道十二星座(Wikipedia)

7月3日生まれの有名人

7月3日生まれの有名人は「フランツ・カフカ(小説家)」「トム・クルーズ(俳優)」「岡村隆史(お笑いタレント)」などです。

フランツ・カフカ(小説家)

フランツ・カフカ

1883年(明治16年)7月3日、オーストリア=ハンガリー帝国領プラハ(現在のチェコ共和国の首都)のユダヤ人家庭に生まれる。

両親がいつも仕事場にいたためカフカは孤独な幼少期を送ったという。

1901年(明治34年)、18歳でプラハ大学に入学。哲学専攻を希望するも、父の希望する法学を専攻。

23歳で大学を卒業し、労働者傷害保険協会に就職。14時までの勤務となり、残りの時間を小説の執筆に当てる。

1908年(明治41年)、25歳のときにカフカの作品が文芸誌に初めて掲載される。

1915年、32歳のときに代表作となる小説『変身』を出版。

34歳のときに肺結核を発症したカフカは長期療養と職場復帰を何度も繰り返す。
39歳のときに勤務が不可能となり退職。

1924年(大正13年)6月にフランツ・カフカは死去、40年の生涯を閉じました。

カフカの死後、友人のマックス・ブロートが遺稿を整理し、『審判』(1925年)、『城』(1926年)など未完の長編を続けて世に出しました。

現在カフカはジェイムズ・ジョイス(1882~1941)、マルセル・プルースト(1871~1922)と並び、20世紀を代表する作家と見なされています。

フランツ・カフカの名言

人生の意味とは、それが終わるということです。

【関連・参考サイト】
フランツ・カフカ(Wikipedia)
カフカの名言

7月3日生まれの有名人一覧

7月3日生まれの有名人
誕生日 有名人 職業 年齢
1423年7月3日 ルイ11世 フランス王 60歳没
1442年7月3日 後土御門天皇 第103代天皇 58歳没
1883年7月3日 フランツ・カフカ チェコ出身の小説家 40歳没
1936年7月3日 戸田奈津子 映画字幕翻訳家 86歳
1943年7月3日 池乃めだか お笑いタレント、喜劇俳優 79歳
1962年7月3日 トム・クルーズ アメリカの俳優 60歳
1970年7月3日 岡村隆史 お笑いタレント(ナインティナイン) 52歳
1978年7月3日 野口みずき マラソン選手 44歳
1980年7月3日 西野亮廣 お笑いタレント(キングコング)、絵本作家 42歳
1987年7月3日 セバスチャン・ベッテル ドイツのF1ドライバー 35歳
1989年7月3日 賀来賢人 俳優 33歳
1991年7月3日 板野友美 タレント 31歳

7月3日の出来事

7月3日の出来事は「スクーンの石 – 700年ぶりにスコットランドに返還へ(1996年)」などです。

スクーンの石 – 700年ぶりにスコットランドに返還へ(1996年)

1996年(平成8年)7月3日、イギリス政府は「スクーンの石」をスコットランドに返還すると発表しました。

スクーンの石(運命の石)は、スコットランドの歴代君主が戴冠時に使用した石です。
スコットランド独立戦争中の1296年にイングランド王エドワード1世によってスコットランドから戦利品として持ち出され、ロンドンのウェストミンスター寺院のエドワード王の椅子の座面の直下に取り付けられました。

1950年(昭和25年)のクリスマスの日、グラスゴー大学のスコットランド人学生4名がロンドンのウェストミンスター寺院からスクーンの石を撤去し、スコットランドに持ち帰りました。
学生たちはスコットランドの完全自治を支持する団体のメンバーでもあり、この事件は映画(Stone of Destiny)にもなっています。

その後、警察によってスクーンの石が発見され、ウェストミンスター寺院に返還されました。
当局はこの事件が政治問題化することを恐れて4名を起訴しませんでした。

1996年(平成8年)11月30日、スクーンの石は1296年以来700年ぶりにスコットランドに返還され、スコットランドのエディンバラ城に安置されています。

スクーン宮殿に設置されたスクーンの石のレプリカ
スクーンの石

【関連・参考サイト】
スクーンの石(Wikipedia)

7月3日の出来事一覧

7月3日の出来事
年月日 出来事
324年7月3日 アドリアノープルの戦い。コンスタンティヌス1世がリキニウスを打ち破りビザンチウムへ追い込む。
822年7月3日 延暦寺の大乗戒壇建立が勅許。
987年7月3日 ユーグ・カペーがフランス王に即位。
1500年7月3日 応仁の乱で中断していた祇園会の山鉾巡行が33年ぶりに復活。
1636年7月3日 江戸幕府が寛永通宝創鋳、浅草・芝・近江国坂本に銭座が設置。
1775年7月3日 アメリカ独立戦争: ジョージ・ワシントンが大陸軍司令官に就任。
1778年7月3日 アメリカ独立戦争: ワイオミングの戦い
1837年7月3日 生田万の乱
1844年7月3日 清とアメリカ合衆国が望厦条約を締結。
1844年7月3日 オオウミガラスが絶滅。
1848年7月3日 デンマーク領西インド諸島(現アメリカ領ヴァージン諸島)総督ペーター・ヴァン・ショルテンが奴隷解放宣言。
1863年7月3日 南北戦争: ゲティスバーグの戦いが終結。
1866年7月3日 普墺戦争: ケーニヒグレーツの戦い。プロイセン軍がオーストリア軍に大勝をおさめる。
1880年7月3日 学術雑誌『サイエンス』が創刊。
1886年7月3日 アメリカの新聞『ニューヨーク・トリビューン』が、世界で初めてライノタイプによる組版を開始。
1890年7月3日 アメリカ合衆国のアイダホ準州が州に昇格し、43番目の州・アイダホ州となる。
1898年7月3日 米西戦争: サンティアゴ・デ・クーバの戦い。アメリカ海軍がスペイン艦隊を撃破しキューバ近海の制海権を獲得する。
1908年7月3日 青年トルコ人革命が始まる。
1912年7月3日 大阪市に新世界ルナパークおよび初代通天閣が開場。(通天閣の日)
1914年7月3日 イギリスとチベットがシムラ条約調印。
1916年7月3日 第四次日露協約調印。
1928年7月3日 全府県の警察部に特別高等課が置かれる。
1931年7月3日 朝鮮排華事件:朝鮮で中国人が100名以上殺害される。
1934年7月3日 帝人事件により斎藤実内閣が総辞職
1935年7月3日 小豆島沖で「みどり丸」と「大連丸」が衝突し「みどり丸」が沈没。
1936年7月3日 日本プロ野球リーグで読売巨人軍が初勝利。
1937年7月3日 浅草に国際劇場が開場。
1938年7月3日 フォルクスワーゲン・タイプ1が発表。
1938年7月3日 イギリスの蒸気機関車マラードが、蒸気機関車の世界最高速度203km/hを記録。
1940年7月3日 第二次世界大戦・地中海の戦い: メルセルケビール海戦
1944年7月3日 第二次世界大戦・ビルマの戦い: 大本営がインパール作戦の中止を命令。投入兵力8万6千人に対し、帰還兵力1万2千人の実体は傷病者の撤収作業。
1944年7月3日 第二次世界大戦・バグラチオン作戦: ナチス・ドイツに占領されていたベラルーシの首都ミンスクがソ連軍により解放される。
1947年7月3日 財閥解体: GHQが三井物産・三菱商事の解散を指令。
1950年7月3日 朝鮮戦争: 緒戦の敗北の責任をとって蔡秉徳韓国軍参謀総長が解任、丁一権が後任となる。
1952年7月3日 アメリカの旅客船ユナイテッド・ステーツが就役。処女航海で大西洋最速横断記録(ブルーリボン賞)を更新。
1953年7月3日 オーストリアの登山家ヘルマン・ブールが、世界第9位の高峰ナンガ・パルバットに初登頂。
1962年7月3日 アルジェリア戦争: アルジェリアで実施された住民投票の結果に基づき、フランス大統領シャルル・ド・ゴールがアルジェリアの独立を宣言。
1962年7月3日 プラハで開催されていた第15回世界体操競技選手権で、日本の男子団体が初優勝を飾る。
1967年7月3日 FM東海(TOKYO FMの前身)でFM最長番組『JET STREAM』が放送開始。
1969年7月3日 ソ連でN-1ロケット2号機の打ち上げに失敗。発射台に落下し、ロケットの爆発では最大級の爆発を起こす。
1970年7月3日 マンチェスターからバルセロナに向かって飛行中のダン・エア・サービスのDH106 コメットがバルセロナ近郊に墜落、乗員乗客112名全員が死亡。
1971年7月3日 ばんだい号墜落事故。北海道横津岳に東亜国内航空(現・日本航空)のYS-11ばんだい号が墜落。
1976年7月3日 イスラエル軍がウガンダのエンデベ空港を奇襲、ハイジャックされたエールフランス機の乗客を救出。
1976年7月3日 国鉄大島連絡船がこの日の運航限りで廃止。
1978年7月3日 アマゾン協力条約調印。
1981年7月3日 ニューヨーク・タイムズ紙が、同性愛者から“原因不明の癌”を発見と報道。エイズの発見。
1985年7月3日 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』がアメリカで劇場公開。
1988年7月3日 イラン航空655便撃墜事件。アメリカ海軍のミサイル巡洋艦『ヴィンセンス』がホルムズ海峡でイラン航空のエアバスA300B2型機を撃墜、乗員乗客290名が死亡。
1988年7月3日 ボスポラス海峡にかかる2つ目の橋であるファーティフ・スルタン・メフメト橋(第二ボスポラス橋)が開通。
1996年7月3日 1996年ロシア大統領選挙決選投票で、現職のボリス・エリツィンが再選。
1996年7月3日 スクーンの石が700年ぶりにイングランドからスコットランドに返還される。
2004年7月3日 タイ王国初の地下鉄、バンコク・メトロが開通。
2005年7月3日 スペインで同性婚が法的に認められる。
2005年7月3日 競馬のアメリカンオークスで、日本のシーザリオがレースレコードタイムで優勝。日本調教馬が初の米国G1レース制覇。
2006年7月3日 スペイン・バレンシアで地下鉄脱線事故。死者43人。
2006年7月3日 小惑星2004 XP14が地球から432,308 kmまで接近。
2007年7月3日 滝川高校いじめ自殺事件が起こる。
2012年7月3日 平成24年梅雨前線豪雨: 大分県日田市や中津市で浸水・土砂崩れ被害が相次ぐ。福岡県朝倉市では1人が死亡。
2013年7月3日 エジプトで、軍部によるクーデターが勃発しムハンマド・ムルシー大統領が解任された。
2021年7月3日 熱海市伊豆山土石流災害。静岡県熱海市伊豆山で土石流発生。

【関連・参考サイト】
7月3日(Wikipedia)