HOME > 今日は何の日 > 4月25日は何の日

4月25日は何の日

4月25日は「初任給の日」「世界マラリアデー」です。

他には「世界ペンギンの日」「DNAの日」など全10個の記念日があります。

月日 記念日
4月24日 「植物学の日(マキノの日)」「日本ダービー記念日」
4月25日 「初任給の日」「世界マラリアデー」
4月26日 「海上自衛隊の日」「世界知的所有権の日」「国際チェルノブイリ災害想起デー」
月日 出来事
4月24日 八重山地震で30メートルの大津波が発生(1771年)
4月25日 米墨戦争が勃発 – メキシコの領土は半分に(1846年)
4月26日 海上自衛隊の前身である海上警備隊を創設(1952年)
誕生日 偉人
4月24日 ウィレム1世(ネーデルラント連邦共和国の初代君主)
4月25日 オリバー・クロムウェル(清教徒革命の指導者)
4月26日 マルクス・アウレリウス(哲人皇帝)
誕生日 誕生花 花言葉
4月24日 ゼラニウム 「尊敬」「信頼」「真の友情」
4月25日 ブルーベル 「謙遜」「変わらぬ心」
4月26日 スカビオサ 「不幸な愛」「私はすべてを失った」
今日の名言

すべてが完全に準備される瞬間を待つというのであれば、何も始めることはできないだろう。

- ツルゲーネフ -

(ロシアの小説家 / 1818~1883)

以下では4月25日の記念日の由来日本や世界の代表的な出来事、4月25日生まれの有名人誕生花などをご紹介します。
今日は何の日(366日カレンダー)

4月25日の記念日・行事

4月25日の記念日・行事は「初任給の日」「世界マラリアデー」などです。

初任給の日

4月入社の新入社員の多くが、この日に初めての給料を受け取ることに由来します。

一般的な初任給の使い道としては「親へのプレゼント」「貯蓄」「自分へのご褒美」などが多いようです。

成長する木

【関連・参考サイト】
初任給(Wikipedia)

世界マラリアデー

2000年(平成12年)4月25日、西アフリカのナイジェリアでマラリア撲滅国際会議が開かれたことを記念して、同会議でこの日を「アフリカ・マラリアデー」に制定。

マラリアの現状を理解し、マラリア制御に向けた世界的な取組みを促進するため、2007年(平成19年)に世界保健機関(WHO)がこの日を「世界マラリアデー」に制定しました。国際デーの一つです。

この日に合わせて、世界各地でマラリア対策促進を呼びかけるイベントやキャンペーンが開催されます。

マラリアとは

マラリアは蚊に刺されることで感染する病気です。世界人口の約40%に感染リスクがあるといわれています。

熱帯・亜熱帯に広く分布する感染症であり、特にサハラ砂漠以南のアフリカ地域で健康被害が甚大です。

2020年(令和2年)には、85か国で2億4100万人のマラリア患者が発生し、約63万人が死亡したと推定されています。死亡者の3分の2以上は、アフリカ地域に住む5歳未満の子どもたちでした。

日本国内でのマラリア報告数は、年間50~70件程度で推移しています。国内での感染例はなく、海外から帰国した人の感染(輸入感染症)に限られています。

マラリアは、結核やエイズとともに世界三大感染症とされています。

マラリアの流行地域

マラリアの流行地域
Percherie

【関連・参考サイト】
世界マラリアデー(Wikipedia)
マラリア(Wikipedia)

4月25日の記念日一覧

4月25日の記念日は全部で10個あります。

はじまり

初めての日や始まりの日に基づく記念日です。

4月25日の記念日(はじまり)
初任給の日 4月入社の新入社員の多くが、この日に初めての給料を受け取ることに由来します。
一般的な初任給の使い道としては「親へのプレゼント」「貯蓄」「自分へのご褒美」などが多いようです。
歩道橋の日 1963年(昭和38年)4月25日、大阪駅前に日本初の歩道橋が完成したことに由来します。
クルマ社会の到来によって交通事故が増えていたことから、大和ハウス工業の創業者・石橋信夫氏が川崎製鉄(現在のJFEスチール)と歩行者用の陸橋を大阪市に寄贈しました。

生き物

動物や昆虫などの生き物に関する記念日です。

4月25日の記念日(生き物)
世界ペンギンの日(World Penguin Day) 毎年4月25日頃に、南極にあるアメリカの観測基地にアデリーペンギンが姿を見せることに由来します。
この日に合わせて、絶滅の恐れのあるペンギンの保護活動や環境問題などに関心や理解を深めてもらうためのイベントが開催されます。

病気・医療

病気や医療に関する記念日です。

4月25日の記念日(病気・医療)
小児がんゴールドリボンの日 日々、小児がんと闘っている子どもたちのことを知ってもらい、支援の輪を広げ、子どもたちに笑顔を取り戻してほしいと、NPO法人ゴールドリボン・ネットワークが制定。
日付は「し(4)ょうに(2)」(小児)と「ゴ(5)ールドリボン」と読む語呂合わせから。
失語症の日 脳出血、脳梗塞などの脳血管障害や交通事故などで脳が損傷すると「聞く」「話す」「読む」「書く」などの機能が損なわれてしまう失語症。
多くの人にこの障害について知ってもらい、失語症の人の社会参加を進めたいと、NPO法人日本失語症協議会が制定。
日付は「し(4)つ(2)ご(5)」(失語)と読む語呂合わせから。

健康・美容

健康や美容に関する記念日です。

4月25日の記念日(健康・美容)
しあわせニッコリ食で健康長寿の日 健康長寿には運動や交流に加えて、「食事」が重要であることを多くの人に知ってもらいたいと、「100歳まで楽しく歩こうプロジェクト」を推進しているキューサイ(株)が制定。
日付は「し(4)あわせニッ(2)コ(5)リ」と読む語呂合わせから。

国際デー

国連やWHO、ユネスコなどの国際機関が制定した記念日(国際デー)です。
「国際デー」一覧

4月25日の記念日(国際デー)
世界マラリアデー 2000年(平成12年)4月25日、西アフリカのナイジェリアでマラリア撲滅国際会議が開かれたことを記念して、同会議でこの日を「アフリカ・マラリアデー」に制定。
マラリアの現状を理解し、マラリア制御に向けた世界的な取組みを促進するため、2007年に世界保健機関(WHO)がこの日を「世界マラリアデー」に制定しました。
この日に合わせて、世界各地でマラリア対策促進を呼びかけるイベントやキャンペーンが開催されます。

国際的な記念日

国際的な記念日です(国際デー以外)。

4月25日の国際的な記念日
DNAの日(DNA Day) 1953年(昭和28年)4月25日、分子生物学者のジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックらによるDNA二重らせん構造発見の論文が科学雑誌『ネイチャー』に掲載されました。
また、2003年(平成15年)4月25日にはヒトゲノムの解読が完了したと発表されました。

誕生・開始

人や商品、サービスなどが誕生した日、開始日、発売日に関連する記念日です。

4月25日の記念日(誕生・開始)
志授業記念日 「志授業」(こころざしじゅぎょう)とは、小中学生が「自分の人生は自分で決める」というスタートラインに立つための授業のことで、子どもたちに主体性を持って目的を考え行動することの大切さを学んでもらうもの。志授業を全国に普及させたいと、(一社)志授業推進協議会が制定。
日付は、志授業が初めて公立小学校で行われた日(2008年4月25日)から。

その他

その他の日付や別の記念日、各地の行事・お祭りなどに基づく記念日です。

4月25日の記念日(その他)
TMS・感動新婚旅行の日 二人の大切な思い出となる「新婚旅行」を文化として残すとともに、これから始まる二人の人生という旅で「新婚旅行」を楽しく思い出す一助となりたいと、(株)トラべルマネジメントシステム(TMS)が制定。
日付は「新婚旅行シーズンの4月に2人で行く(GO=5)」の組み合わせから。

毎月25日の記念日一覧

毎月25日の記念日
プリンの日 多くのプリン商品を販売しているオハヨー乳業(株)が制定。
日付は「プリンを食べると思わずニ(2)ッコ(5)リ」と読む語呂合わせから毎月25日に。

【関連・参考サイト】
4月25日(Wikipedia)
日本記念日協会

4月25日の出来事

4月25日の出来事は「米墨戦争が勃発 – メキシコの領土は半分に(1846年)」「壇ノ浦の戦い(1185年)」「JR福知山線脱線事故(2005年)」などです。

米墨戦争が勃発 – メキシコの領土は半分に(1846年)

1824年のメキシコ

1824年のメキシコ
Giggette

1846年4月25日、アメリカとメキシコとの間で米墨戦争が勃発しました。

1821年、スペインの植民地であったメキシコは、独立戦争に勝利してスペインからの独立を果たしました。

それ以来、アメリカからの白人移民が黒人奴隷を引き連れてメキシコ領テキサスなどに入植するようになりました。

その後、メキシコ政府が奴隷制を廃止すると、テキサスの白人入植者が反乱を起こし、1836年にテキサス共和国として独立を宣言。テキサスにおいて奴隷制が復活しました。

アメリカの西部進出とテキサスの独立によってアメリカとメキシコの関係は悪化の一途をたどりました。

1845年にテキサス共和国が自発的にアメリカ合衆国へ加盟し、アメリカの28番目の州になりました。テキサスを併合したアメリカは、メキシコとの国境をリオ・グランデ川以北とするも、両国の主張には相違がありました。

アメリカ大統領ジェームズ・ポークは、アメリカ側の主張するテキサス州の土地を確保するよう軍に命じ、1846年4月25日に米墨戦争が開始されました。

戦闘は、カリフォルニア、ニューメキシコ、メキシコ本土の各地で行われ、圧倒的に優勢なアメリカ軍が1847年9月に首都メキシコシティを占領して、事実上終結しました。

敗北したメキシコは、現在のカリフォルニア、ネバダ、ユタ、アリゾナ、ニューメキシコの領土を1500万ドルでアメリカに割譲。メキシコの領土は建国時の約半分に減少しました。

アメリカでは、アラスカを除く大陸領土がほぼ完成しましたが、新しい領土を自由州にするか奴隷州にするかをめぐり、アメリカ北部と南部の対立は激化の一途をたどりました。

そして米墨戦争終結から13年後に南北戦争(1861~1865)が勃発しました。

【関連・参考サイト】
米墨戦争(Wikipedia)

4月25日の出来事一覧

4月25日に発生した日本や世界の代表的な出来事をご紹介します。

4月25日の出来事
壇ノ浦の戦い(1185年) 1185年4月25日、壇ノ浦(現在の山口県下関市)で源平最後の戦いが行われ、平氏は源義経の率いる源氏の軍に敗れて滅亡しました。
幼い安徳天皇は二位尼とともに入水しました。
壇ノ浦の戦い(Wikipedia)
米墨戦争が勃発 – メキシコの領土は半分に(1846年) 1846年4月25日、アメリカが太平洋岸まで領土を拡張する過程で、メキシコとの戦争が勃発しました。
アメリカの勝利により1848年2月に戦争が終結。敗北したメキシコは、現在のカリフォルニア、ネバダ、ユタ、アリゾナ、ニューメキシコの領土を1500万ドルでアメリカに割譲。これによりアラスカを除くアメリカの大陸領土はほぼ完成しました。
しかし、新しい領土を自由州にするか奴隷州にするかをめぐり、アメリカの北部と南部間の対立は激化の一途をたどり、13年後に南北戦争(1861~1865)が勃発しました。
米墨戦争(Wikipedia)
JR福知山線脱線事故(2005年) 2005年(平成17年)4月25日午前9時18分頃、兵庫県尼崎市のJR福知山線の塚口駅 – 尼崎駅間で、快速電車が脱線して線路脇のマンションに激突。乗客106人と運転士1人が死亡し、562人が重軽傷を負いました。
快速電車は制限速度70kmのカーブに時速約116kmで進入し、1~5両目が脱線し、1、2両目が線路脇のマンションに衝突しました。
事故の原因は「運転士のブレーキ使用の遅れ」と推定され、また、ミスをした乗務員への懲罰的な再教育など、JR西日本の運転士管理方法が関与した可能性があると指摘されました。
JR福知山線脱線事故(Wikipedia)

4月25日生まれの偉人・有名人

4月25日生まれの偉人・有名人は「オリバー・クロムウェル(清教徒革命の指導者)」「アル・パチーノ(俳優)」「みやぞん(お笑いタレント)」などです。

オリバー・クロムウェル(清教徒革命の指導者)

オリバー・クロムウェル

1599年4月25日、オリバー・クロムウェルは、イングランド王国ハンティンドンの地主(ジェントリ)の家庭に生まれました。

1628年、29歳のときに庶民院(下院)議員となり、1640年、41歳のときに短期議会および長期議会の議員に選出されました。

1642年、イングランド国王チャールズ1世の専制政治に議会が反抗し、清教徒革命(ピューリタン革命)が勃発すると、クロムウェルは軍人として議会軍に参加。清教徒革命の指導者として、議会軍を率いて国王軍を破りました。

しかし、議会派の内部で長老派と独立派の対立が激化すると、長老派は幽閉中のチャールズ1世と通じ、1648年に第2次内乱を起こしました。

クロムウェルは独立派を率いてこれを平定し、長老派を議会から追放しました。

1649年には国王チャールズ1世を処刑し、イギリス史上唯一の共和政を宣言。イングランド共和国(1649~1660)が樹立されました。

さらにクロムウェルはアイルランドとスコットランドに遠征して反対派を制圧。オランダやスペインとの戦争にも勝ってイギリスの海上覇権の基礎を築きました。

1653年、54歳のときに終身の護国卿(王権に匹敵する最高統治権を与えられた官職)となり独裁政治を行いました。

1658年9月、オリバー・クロムウェルは病死、59年の生涯を閉じました。

跡を継いだ息子のリチャード・クロムウェルは、力不足で間もなく辞職し、1660年に長老派がチャールズ2世を国王に迎えて王政復古を行いました。

クロムウェルに対する評価は時代とともに揺れ動き、国王に対する反逆者にもなれば、清教徒革命(市民革命)の英雄にもなりました。現在も歴史的評価は分かれています。

【関連・参考サイト】
オリバー・クロムウェル(Wikipedia)
清教徒革命(Wikipedia)
イングランド王政復古(Wikipedia)

4月25日生まれの偉人・有名人一覧

4月25日生まれの日本や世界の偉人・有名人をご紹介します。

4月25日生まれの有名人
誕生日 有名人 職業 年齢
1214年4月25日 ルイ9世 フランス王 56歳没
1284年4月25日 エドワード2世 イングランド王 43歳没
1599年4月25日 オリバー・クロムウェル イングランド共和国初代護国卿 59歳没
1874年4月25日 グリエルモ・マルコーニ イタリアの発明家(ノーベル物理学賞受賞) 63歳没
1917年4月25日 エラ・フィッツジェラルド アメリカのジャズ・シンガー 79歳没
1940年4月25日 アル・パチーノ アメリカの俳優 83歳
1952年4月25日 鳥羽一郎 演歌歌手 71歳
1970年4月25日 鶴田真由 女優 53歳
1972年4月25日 鈴木おさむ 放送作家 51歳
1985年4月25日 みやぞん お笑いタレント(ANZEN漫才) 38歳

4月25日の誕生花

4月25日の誕生花は「ブルーベル」「バイモ」です。

4月25日の誕生花
誕生花 花言葉
ブルーベル 「謙遜」「変わらぬ心」
バイモ 「謙虚な心」「才能」
花言葉の由来

ブルーベルの花言葉は「謙遜」「変わらぬ心」です。

「謙遜」は、ブルーベルがうつむき加減に花を咲かせることにちなみます。

ブルーベル(開花時期:4月~5月)
花言葉:「謙遜」「変わらぬ心」
西洋の花言葉:「humility(謙遜)」「constancy(不変、節操)」

ブルーベル
photo: Jlhopgood

バイモ(開花時期:3月~5月)
花言葉:「謙虚な心」「才能」

バイモ
photo: titanium22
誕生花の詳細ページはこちら

前日  4月25日  翌日

テキストのコピーはできません。