HOME > 今日は何の日 > 11月13日は何の日

11月13日は何の日

11月13日は「うるしの日」「チーかまの日」です。

また、11月13日は「茨城県民の日」です。県内の公立学校などが休みになります。

月日 何の日
11月12日 「洋服記念日」「留学の日」
11月13日 「うるしの日」「チーかまの日」
11月14日 「世界糖尿病デー」「ウーマンリブの日」
誕生日 誕生花 花言葉
11月12日 レモン(花) 「誠実な愛」「思慮分別」
11月13日 デンドロビウム 「わがままな美人」
11月14日 コウテイダリア 「乙女の真心」「乙女の純潔」
今日の名言

もし、人より素晴らしい世界を見よう、そこにある宝にめぐり逢おうとするなら、どうしたって危険な道、恐い道を歩かねばなりません。
そういう道を求めて歩くのが、才能に賭ける人の心構えなのです。

- 瀬戸内寂聴 -

(日本の小説家、天台宗の尼僧 / 1922~2021)

以下では11月13日の記念日の由来、11月13日生まれの誕生花などをご紹介します。

11月13日の記念日・行事

11月13日の記念日・行事は「うるしの日」「チーかまの日」などです。

うるしの日

平安時代、文徳天皇の第一皇子・惟喬親王が京都の法輪寺に参籠した際、「うるしの製法」や「漆器の製法」を虚空蔵菩薩から伝授され、日本国中に広めたという伝説があります。

その参籠満願の日が11月13日といわれており、日本漆工協会が1985年(昭和60年)にこの日を「うるしの日」に制定しました。

この日に合わせて、各産地で「うるしの日」にちなんだイベント等が開催されています。

国宝 片輪車蒔絵螺鈿手箱(平安時代)漆工
片輪車蒔絵螺鈿手箱

【関連・参考サイト】
漆(Wikipedia)

チーかまの日

日付は、11月11日の「チーズの日」と11月15日の「かまぼこの日」の中間の日から11月13日に。
幅広い世代に愛されている「チーかま」をさらに多くの人に味わってもらうため、「チーかま」を製造販売する株式会社丸善が制定。

「チーかま」はかまぼこを基調にチーズを混ぜ合わせた製品です
ドイツのチーズ入りソーセージをヒントに考案し、1968年(昭和43年)に「おらが幸」の商品名で発売。翌年には小学校の給食にも導入されました。
1970年(昭和45年)、食べやすいように形をスティック状に変更し、名前も「チーかま」となりました。

その後、「チーかま」はスーパーマーケットやコンビニエンスストアでも販売されるようになり、今日まで続くロングセラー商品となっています。

チーかま

【関連・参考サイト】
チーかま(丸善)

11月13日の記念日一覧

11月13日の記念日・行事
月日 何の日 制定・提唱
11月13日 うるしの日 (一社)日本漆工協会
11月13日 チーかまの日 (株)丸善
11月13日 茨城県民の日 茨城県
11月13日 いいひざの日 ゼリア新薬工業(株)
11月13日 消費者がつくったシャンプー記念日 (株)ネイチャー生活倶楽部
11月13日 いい焼き芋の日 (株)いも子のやきいも阿佐美や
毎月13日の記念日・行事
月日 何の日 制定・提唱
毎月13日 一汁三菜の日 一汁三菜 ぷらす・みらいご飯®
毎月13日 石井スポーツグループ 登山の日 (株)ICI石井スポーツ
毎月13日 お父さんの日 (株)ヤクルト本社

【関連・参考サイト】
11月13日(Wikipedia)
日本記念日協会

11月13日の誕生花

11月13日の誕生花は「デンドロビウム」「ナナカマド」です。

ナナカマドの花言葉は「慎重」「私はあなたを見守る」などです。
七竈(ナナカマド)の名前は「木が燃えにくく、七度カマドにくべても灰にならない」という意味であるといわれます。「慎重」の花言葉もナナカマドの木が燃えにくいことに由来します。

月日 誕生花 花言葉
11月13日 デンドロビウム 「わがままな美人」
11月13日 ナナカマド 「慎重」「賢明」「私はあなたを見守る」

デンドロビウム(開花時期はノビル系 2月~5月、デンファレ 6月~9月)

デンドロビウム
photo: MaX Fulcher

ナナカマド(開花時期は5月~7月)

ナナカマド
photo: Daisuke tashiro

【関連・参考サイト】
11月13日の誕生花