HOME > 今日は何の日 > 8月26日は何の日

8月26日は何の日

8月26日は「人権宣言記念日」「シルマンデー(ユースホステルの日)」「レインボーブリッジ開通記念日 」です。

月日 何の日
8月25日 「即席ラーメン記念日」「東京国際空港開港記念日」「川柳発祥の日」
8月26日 「人権宣言記念日」「シルマンデー(ユースホステルの日)」「レインボーブリッジ開通記念日 」
8月27日 「ジェラートの日」「男はつらいよの日」「日本に原子の火がともった日」
誕生日 誕生花 花言葉
8月25日 ワレモコウ 「変化」「もの思い」「愛慕」
8月26日 ムクゲ 「信念」「新しい美」
8月27日 ホウセンカ 「私に触れないで」「短気」
今日の名言

夢を追って、失敗してもいいじゃない。
それでも何とかなるものよ。

- マヤ・アンジェロウ -

(米国の詩人、作家、公民権運動家 / 1928~2014)

以下では8月26日の記念日の由来、8月26日生まれの誕生花などをご紹介します。

8月26日の記念日・行事

8月26日の記念日・行事は「人権宣言記念日」「シルマンデー(ユースホステルの日)」「レインボーブリッジ開通記念日」などです。

人権宣言記念日

1789年8月26日、フランスの憲法制定国民議会が「人間と市民の権利の宣言」(フランス人権宣言)を採択したことから。

「人間と市民の権利の宣言」は、人間の自由と平等、人民主権、言論の自由、三権分立、所有権の神聖不可侵などの17条からなるフランス革命の基本原則を記したものです。
単に人権宣言とも呼ばれますが、世界人権宣言などと区別するために一般に「フランス人権宣言」と呼ばれています。

フランス人権宣言の諸原理は、イギリスの哲学者ジョン・ロック(1632~1704)の抵抗権、フランスで活躍した思想家ルソー(1712~1778)の社会契約論、フランスの哲学者モンテスキュー(1689~1755)の三権分立といった哲学的、政治学的諸原理に由来しています。
また、アメリカ建国の父ジョージ・メイソン(1725~1792)が起草した1776年6月の「バージニア権利章典」や、1776年7月の「アメリカ独立宣言」を規範としています。

人間と市民の権利の宣言の版画
人間と市民の権利の宣言

【関連・参考サイト】
人間と市民の権利の宣言(Wikipedia)
バージニア権利章典(Wikipedia)
アメリカ独立宣言(Wikipedia)

シルマンデー(ユースホステルの日)

1909年(明治42年)8月26日、ドイツの小学校教師リヒャルト・シルマンが子どもたちを連れて徒歩旅行をしていたとき、突然の暴風雨に見舞われ、村の学校に宿泊させてもらいました。
その時、シルマンは「ドイツ国内の学校が宿舎(ホステル)として提供されれば、子どもたちのために安全で格安な宿泊施設を作れる」と発想し、これを契機にユースホステル運動が始まりました。

現在世界には約4000のユースホステルがあり、青少年少女たちの旅行の助けとなっています。
日本には北海道から沖縄まで約220か所のユースホステルがあります。
かつてユースホステルの利用に年齢制限がありましたが、現在は世界的に年齢制限はありません。

若者

【関連・参考サイト】
リヒャルト・シルマン(Wikipedia)
ユースホステル(Wikipedia)

レインボーブリッジ開通記念日

1993年(平成5年)8月26日、東京都港区の芝浦地区と台場地区を結ぶ、全長798メートルで当時東日本最長のつり橋「レインボーブリッジ」が開通したことから。

「レインボーブリッジ」(虹の橋)という名前は一般公募により決められた愛称であり、正式名称は「東京港連絡橋」です。

上層が首都高速道路11号台場線、下層が無料の臨港道路と新交通システム・ゆりかもめが通る鉄道道路併用橋です。

レインボーブリッジ
Gussisaurio

【関連・参考サイト】
レインボーブリッジ(Wikipedia)

8月26日の記念日一覧

8月26日の記念日・行事
月日 何の日 制定・提唱
8月26日 人権宣言記念日
8月26日 シルマンデー(ユースホステルの日)
8月26日 レインボーブリッジ開通記念日
8月26日 パパフロの日 (株)資生堂
8月26日 バブルランの日 (株)スポーツワン
8月26日 イギリスの名車 Mini(ミニ)バースデーの日 (有)キングスロード
8月26日 パワプロの日 (株)コナミデジタルエンタテインメント
8月26日 オリジナルジグソーパズルの日 シャフト(株)
8月26日 TMS・感動ハネムーンの日 (株)トラべルマネジメントシステム
毎月26日の記念日・行事
月日 何の日 制定・提唱
毎月26日 風呂の日 東京ガス(株)
毎月26日 プルーンの日 サンスウィート・インターナショナル日本支社
毎月26日 ツローの日 かめや釣具(株)

【関連・参考サイト】
8月26日(Wikipedia)
日本記念日協会

8月の二十四節気・雑節

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたものです。
8月は秋の気配が立ち始める「立秋(りっしゅう)」、暑さが峠を越えて後退し始める「処暑(しょしょ)」へと季節が移り変わります。

雑節(ざっせつ)は、二十四節気以外の季節の移り変わりの目安となる日(期間)。
立秋の直前18日間が「土用(どよう)」になります。

8月の二十四節気
季節 二十四節気 時期
立秋 2022年は8月7日、2023年は8月8日
処暑 2022年は8月23日、2023年は8月23日
8月の雑節
雑節 説明 時期
土用 立秋の直前18日間 2022年は7月20日~8月6日、2023年は7月20日~8月7日
土用の丑の日 鰻を食べる風習がある日 2022年は7月23日・8月4日、2023年は7月30日
二十四節気 雑節

8月26日の誕生花

8月26日の誕生花は「ムクゲ」「スイセンノウ」「ユウゼンギク」です。

ムクゲの花言葉は「信念」「新しい美」です。
ムクゲの古い学名は「低木のタチアオイ」という意味でした。タチアオイは12世紀ごろに十字軍によってシリアから運ばれてきたことから、「信念」はこの十字軍に由来するといわれます。「新しい美」は、次々と新たな花が咲き続けることにちなみます。

月日 誕生花 花言葉
8月26日 ムクゲ 「信念」「新しい美」
8月26日 スイセンノウ 「私の愛は不変」
8月26日 ユウゼンギク 「後知恵」「老いても元気で」

ムクゲ(開花時期は6月~10月)

ムクゲ
photo: Lennart Tange

スイセンノウ(開花時期は6月~8月)

スイセンノウ
photo: James Petts

ユウゼンギク(8月~10月 – 早生種は6月頃に咲きます)

ユウゼンギク
photo: Patrick Standish

8月に咲く花

8月に咲く花は「フヨウ」「オシロイバナ」「ハギ」「コスモス」「ハイビスカス」「サルスベリ」「ヒルガオ」「アサガオ」「グロリオサ」「ケイトウ」「オミナエシ」などです。

【関連・参考サイト】
8月26日の誕生花
8月の花