HOME > 今日は何の日 > 7月24日は何の日

7月24日は何の日

7月24日は「劇画の日」「祇園祭山鉾巡行 後祭」「セルフメディケーションの日」です。

月日 何の日
7月23日 「文月ふみの日」「米騒動の日」「カシスの日」
7月24日 「劇画の日」「祇園祭山鉾巡行 後祭」「セルフメディケーションの日」
7月25日 「かき氷の日」「うま味調味料の日」「知覚過敏の日」
月日 出来事
7月23日 ゴローニン事件 – 国後島を測量中のロシア軍艦長を捕らえる(1811年)
7月24日 清涼殿落雷事件 – 左遷された菅原道真が雷の神へ(930年)
7月25日 版籍奉還 – 明治政府が中央集権化を図る(1869年)
誕生日 偉人
7月23日 山岡鉄舟(幕臣、剣術家、政治家)
7月24日 谷崎潤一郎(小説家)
7月25日 加藤清正(武将、大名)
誕生日 誕生花 花言葉
7月23日 アリウム 「深い悲しみ」「正しい主張」
7月24日 ユリ 「純粋」「無垢」「威厳」
7月25日 インパチェンス 「鮮やかな人」「強い個性」
今日の名言

私たちの人生は、私たちが費やした努力だけの価値がある。

- モーリアック -

(フランスの作家、ノーベル文学賞受賞 / 1885~1970)

以下では7月24日の記念日の由来出来事の詳細、7月24日生まれの有名人誕生花などをご紹介します。

7月24日の記念日・行事

7月24日の記念日・行事は「劇画の日」「祇園祭山鉾巡行 後祭」「セルフメディケーションの日」などです。

劇画の日

1964年(昭和39年)7月24日、出版社・青林堂の創業者・長井勝一が劇画雑誌『ガロ』を創刊したことから。

それまでの漫画は主に子どもをターゲットとしていましたが、劇画雑誌『ガロ』に白土三平の『カムイ伝』などが掲載されると、大学生や大人にも読まれる青年向け漫画雑誌のブームの拠点となりました。

『カムイ伝』が終了すると劇画雑誌『ガロ』の売上は徐々に減少し、その後休刊へと追い込まれました。

月刊漫画ガロ創刊号

【関連・参考サイト】
ガロ (雑誌)(Wikipedia)
劇画(Wikipedia)
カムイ伝(Wikipedia)

祇園祭山鉾巡行 後祭

日本三大祭りの一つ、京都祇園祭(ぎおんまつり)は八坂神社(京都市東山区)の祭礼で、7月1日の吉符入(きっぷいり)に始まり、7月31日の疫神社夏越祭まで、1か月にわたって行われます。

祭の見どころは、7月17日と7月24日に行われる34基の山鉾巡行(やまほこじゅんこう)です。
7月17日は山鉾巡行の前祭(さきまつり)、7月24日は後祭(あとまつり)と呼ばれます。

「京都祇園祭の山鉾行事」は2009年(平成21年)にユネスコ無形文化遺産に登録されました。

祇園祭山鉾巡行
photo: 士航 魏

【関連・参考サイト】
祇園祭(Wikipedia)
祇園祭(公益財団法人祇園祭山鉾連合会)

セルフメディケーションの日

日付は、この取り組みが1日24時間、1週間では毎日の7日間行うので、その数字から7月24日を記念日としたもの。

「セルフメディケーション」とは、日常生活でおこる体の不調やケガの中で自分で判断できる程度の軽い症状を自らOTC医薬品を使って手当てすること。
その意識と行動を多くの人に促すため、OTC医薬品のメーカー団体である日本OTC医薬品協会が2017年(平成29年)に制定。

【関連・参考サイト】
セルフメディケーション(Wikipedia)
日本OTC医薬品協会

7月24日の記念日一覧

7月24日の記念日・行事
月日 何の日 制定・提唱
7月24日 劇画の日
7月24日 【祭り】祇園祭山鉾巡行 後祭 山鉾町
7月24日 セルフメディケーションの日 日本OTC医薬品協会
7月24日 【行事】地蔵盆
7月24日 スポーツアロマの日 (特非)日本スポーツアロマトレーナー協会
7月24日 ドローンサッカーの日 日本ドローンサッカー連盟
毎月24日の記念日・行事
月日 何の日 制定・提唱
毎月24日 ブルボン・プチの日 (株)ブルボン
毎月24日 削り節の日 東京鰹節類卸商業協同組合

【関連・参考サイト】
7月24日(Wikipedia)
日本記念日協会

7月の二十四節気・雑節

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたものです。
7月は梅雨明けが近づき、暑さが本格的になる「小暑(しょうしょ)」、一年で最も暑さが厳しくなる「大暑(たいしょ)」へと季節が移り変わります。

雑節(ざっせつ)は、二十四節気以外の季節の移り変わりの目安となる日(期間)。
半夏という植物が生える7月2日頃が「半夏生(はんげしょう)」。立秋の直前18日間が「土用(どよう)」になります。

7月の二十四節気
季節 二十四節気 時期
小暑 2022年は7月7日、2023年は7月7日
大暑 2022年は7月23日、2023年は7月23日
7月の雑節
雑節 説明 時期
半夏生 半夏という植物が生える頃 2022年は7月2日、2023年は7月2日
土用 立秋の直前18日間 2022年は7月20日~8月6日、2023年は7月20日~8月7日
土用の丑の日 鰻を食べる風習がある日 2022年は7月23日・8月4日、2023年は7月30日
二十四節気 雑節

7月24日の誕生花

7月24日の誕生花は「ユリ」「シャクヤク」「ボタン」「スイレン」「ニッコウキスゲ」です。

ユリの花言葉は「純粋」「無垢」などです。
キリスト教では白いユリ(マドンナリリー)が聖母マリアに捧げられた花であることから、ユリは純潔のシンボルとされます。花言葉もこれにちなみます。

月日 誕生花 花言葉
7月24日 ユリ 「純粋」「無垢」「威厳」
7月24日 シャクヤク 「恥じらい」「はにかみ」「謙遜」
7月24日 ボタン 「風格」「富貴」「恥じらい」「人見知り」
7月24日 スイレン 「清純な心」「信頼」「信仰」
7月24日 ニッコウキスゲ 「日々あらたに」「心安らぐ人」

スイレンとハスの見分け方

睡蓮(スイレン)と蓮(ハス)は混同されやすい植物ですが、見分けるには葉の形を見るのが簡単です。
葉に切れ込みがあるのがスイレン、切れ込みがないのがハスになります。
また、スイレンは水面近くで咲き、ハスの花は水面より高く上がり咲きます。

スイレン(開花時期は5月~10月)

スイレン
photo: Mathias Erhart

ユリ(開花時期は5月~8月)
ユリ

シャクヤク(開花時期は5月~6月)

シャクヤク
photo: noe**

ボタン(開花時期は10月~5月)

ボタン
photo: TANAKA Juuyoh (田中十洋)

ニッコウキスゲ(開花時期は5月~8月)

ニッコウキスゲ
photo: houroumono

7月に咲く花

7月に咲く花は「ハス」「ヒマワリ」「アサガオ」「サルスベリ」「グロリオサ」「グラジオラス」「ナデシコ」「ハイビスカス」「コスモス」「キョウチクトウ」「ムクゲ」などです。

【関連・参考サイト】
7月24日の誕生花
7月の花

7月24日の誕生石

「自分の生まれた月の宝石を身につけると幸せが訪れる」といわれます。7月24日生まれの誕生石(7月の誕生石)は「ルビー」です。

ルビーの石言葉は「情熱」「仁愛」「威厳」です。

ルビー

赤色が特徴的なルビー(Ruby)。赤が濃く、深く、透明度の高いものほど品質の良いルビーとされています。名前もラテン語で「赤」を意味する「rubeus(ルベウス) 」に由来します。

古代ギリシア・ローマでは、軍神マルスが宿る護身の宝石とされ、戦場の兵士たちは病気・呪い・悪運などを防ぐお守りとしてルビーを身につけたといいます。
アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。

各月の誕生石
誕生石 石言葉
1月 ガーネット 「真実」「友愛」「忠実」
2月 アメシスト 「誠実」「心の平和」
3月 アクアマリン、サンゴ、ブラッドストーン 「沈着」「勇敢」「聡明」 (アクアマリン)、「長寿」「幸福」 (サンゴ)、「勇気」「献身」 (ブラッドストーン)
4月 ダイヤモンド 「清浄無垢」
5月 エメラルド、ヒスイ 「幸運」「幸福」 (エメラルド)、「長寿」「健康」「安定」 (ヒスイ)
6月 パール、ムーンストーン 「健康」「長寿」「富」 (パール)、「恋の予感」「純粋な愛」 (ムーンストーン)
7月 ルビー 「情熱」「仁愛」「威厳」
8月 ぺリドット 「夫婦の幸福」「和合」
9月 サファイア 「慈愛」「誠実」「徳望」
10月 オパール、トルマリン 「希望」「幸運」 (オパール)、「寛大」「忍耐」「友情」 (トルマリン)
11月 トパーズ、シトリン 「友情」「希望」「潔白」 (トパーズ)、「友愛」「希望」 (シトリン)
12月 ターコイズ、タンザナイト、ラピスラズリ 「成功」 (ターコイズ)、「高貴」「冷静」 (タンザナイト)、「幸運」「健康」 (ラピスラズリ)

【関連・参考サイト】
誕生石(Wikipedia)
ルビー(Wikipedia)

7月24日の星座

7月24日生まれの星座は「しし座」です。
しし座の期間は7月23日~8月22日です。

誕生日 星座 英語
7月24日 しし座 Leo (レオ)
黄道十二星座
12星座 英語 誕生日
おひつじ座 Aries (アリエス) 3月21日~4月19日
おうし座 Taurus (タウルス) 4月20日~5月20日
ふたご座 Gemini (ジェミニ) 5月21日~6月21日
かに座 Cancer (キャンサー) 6月22日~7月22日
しし座 Leo (レオ) 7月23日~8月22日
おとめ座 Virgo (ヴァルゴ) 8月23日~9月22日
てんびん座 Libra (ライブラ) 9月23日~10月23日
さそり座 Scorpio (スコーピオ) 10月24日~11月22日
いて座 Sagittarius (サジタリアス) 11月23日~12月21日
やぎ座 Capricorn (カプリコーン) 12月22日~1月19日
みずがめ座 Aquarius (アクエリアス) 1月20日~2月18日
うお座 Pisces (ピスケス) 2月19日~3月20日

【関連・参考サイト】
黄道十二星座(Wikipedia)

7月24日生まれの有名人

7月24日生まれの有名人は「谷崎潤一郎(小説家)」「久保田利伸(ミュージシャン)」「ジェニファー・ロペス(ミュージシャン)」などです。

谷崎潤一郎(小説家)

谷崎潤一郎

1886年(明治19年)7月24日、東京市日本橋区蛎殻町(現在の中央区日本橋人形町)に生まれる。

1901年(明治34年)、14歳のときに家産が傾き、奉公に出されるはずであったが、才能を惜しむ先生らの援助により東京府立第一中学校(現在の日比谷高等学校)へ進学。
成績優秀で神童と呼ばれ、翌年、飛び級をして3年生になる。

1905年(明治38年)に旧制一高に入学。
文芸部委員となり21歳のときに『校友会雑誌』に小説『狆の葬式』を発表。

1908年(明治41年)、東京帝国大学国文科に進学するも後に中退。

1910年(明治43年)、24歳のときに小山内薫らと第2次『新思潮』を創刊。
戯曲『誕生』(1910年)や小説『刺青』(1911年)を発表。谷崎は文壇において新進作家として認められる。

以後、自然主義文学全盛時代にあって物語の筋を重視した反自然主義的な作風で文壇の寵児となる。

1923年(大正12年)の関東大震災の後、37歳で関西に移住。
1924年に発表した長編小説『痴人の愛』では妖婦ナオミに翻弄される男の悲喜劇を描いて大きな反響を呼ぶ。

第二次世界大戦中の1943年(昭和18年)、松子夫人とその妹たち四姉妹との生活を題材にした長編小説『細雪』に取り組み、軍部から「内容が戦時にそぐわない」と途中で掲載を止められるも、戦後1948年(昭和23年)に全編を発表する。

1950年代に『細雪』が英語に翻訳されアメリカで出版され、その後、世界各国で出版される。

谷崎潤一郎はノーベル文学賞の候補に7回にわたって選ばれている。

1965年(昭和40年)7月に死去、79年の生涯を閉じました。

【関連・参考サイト】
谷崎潤一郎(Wikipedia)
細雪(Wikipedia)

7月24日生まれの有名人一覧

7月24日生まれの有名人
誕生日 有名人 職業 年齢
1886年7月24日 谷崎潤一郎 小説家 79歳没
1962年7月24日 久保田利伸 ミュージシャン 60歳
1964年7月24日 吉本ばなな 小説家 58歳
1964年7月24日 バリー・ボンズ アメリカのプロ野球選手 58歳
1966年7月24日 植草克秀 歌手、俳優 56歳
1969年7月24日 ジェニファー・ロペス アメリカのミュージシャン、女優 53歳
1971年7月24日 坂本昌行 歌手、俳優 51歳
1983年7月24日 水川あさみ 女優 39歳

7月24日の出来事

7月24日の出来事は「清涼殿落雷事件 – 左遷された菅原道真が雷の神へ(930年)」などです。

清涼殿落雷事件 – 左遷された菅原道真が雷の神へ(930年)

930年7月24日(旧暦6月26日)、平安京・内裏の清涼殿に落雷があり、大納言・藤原清貫(867~930)らが亡くなりました(清涼殿落雷事件)。

平安京周辺では長い間日照りが続き、この日、雨乞いの実施の是非について醍醐天皇(885~930)がおられる清涼殿において太政官の会議が開かれていました。

すると午後1時頃より黒雲が平安京を覆いつくして雷雨が降り注ぎ、およそ1時間半後に清涼殿の南西の第一柱に落雷が直撃。藤原清貫をはじめ朝廷要人に多くの死傷者が出ました。
また、その惨状を目撃した醍醐天皇も体調を崩し、3ヶ月後に崩御されました。

死亡した藤原清貫がかつて大宰府に左遷された菅原道真(845~903)の動向監視を命じられていたこともあり、清貫は道真の怨霊に殺されたという噂が広まりました。

菅原道真の慰霊のため、道真は学者としての名誉を回復し、また、雷の神「天神」と同一視されるようになり、「天神=学問の神」として菅原道真が祀られるきっかけとなりました。

清涼殿落雷事件

【関連・参考サイト】
清涼殿落雷事件(Wikipedia)
菅原道真(Wikipedia)

7月24日の出来事一覧

7月24日の出来事
年月日 出来事
672年7月24日 大海人皇子(後の天武天皇)が弘文天皇を討つ為に吉野を出発。壬申の乱の始まり。
721年7月24日 信濃国を分割して諏訪国を設置。
757年7月24日 橘奈良麻呂の乱: 橘奈良麻呂らによる藤原仲麻呂打倒計画が発覚し逮捕。
825年7月24日 桓武天皇の孫・高棟王が臣籍に下り平姓を賜る。桓武平氏の始まり。
930年7月24日 清涼殿落雷事件。清涼殿に落雷して公卿2人が即死し、菅原道真の怨霊との噂が流れる。
1216年7月24日 チェンチオ・サヴェッリがローマ教皇ホノリウス3世となる。
1411年7月24日 ハーロウの戦い
1567年7月24日 スコットランド女王メアリーが退位させられ、1歳の長男ジェームズが即位する。
1587年7月24日 豊臣秀吉がバテレン追放令を発令。
1847年7月24日 ブリガム・ヤング率いる末日聖徒イエス・キリスト教会の信徒がソルトレイクシティに到着、教会の本拠を置く。
1864年7月24日 南北戦争: 第二次カーンズタウンの戦いが行われる。
1866年7月24日 レコンストラクション: テネシー州がアメリカ連合国諸州ではじめてアメリカ合衆国に復帰した。
1907年7月24日 第三次日韓協約が締結される。
1908年7月24日 ロンドンオリンピック: 男子マラソンでドランド・ピエトリが係員の助けを借りて最初にゴールにたどり着いたが失格となり、2着のジョニー・ヘイズが金メダルとなる。
1911年7月24日 ハイラム・ビンガム3世がマチュ・ピチュ遺跡を発見する。
1923年7月24日 希土戦争の講和条約ローザンヌ条約が締結される。
1927年7月24日 小説家芥川龍之介が服毒自殺する。遺著として『或阿呆の一生』などが見つかった。
1929年7月24日 不戦条約(ケロッグ=ブリアン協定)が発効。
1932年7月24日 全国労農大衆党と社会民衆党が合同して社会大衆党結成。
1938年7月24日 ドイツ・オーストリアの登山隊がアイガー北壁の初登頂に成功する。
1943年7月24日 第二次世界大戦: ハンブルク空襲が始まる。5万人以上の死者を出した。
1945年7月24日 第二次世界大戦・日本本土空襲: 呉軍港空襲。戦艦日向、空母龍鳳が大破。
1945年7月24日 京城府民館事件起こる。
1948年7月24日 李承晩が初代韓国大統領に就任。
1950年7月24日 パンパー8の打ち上げで、ケープカナベラル空軍基地が初めてロケットの打ち上げに使われる。
1950年7月24日 レッドパージ: GHQが新聞社に共産党員やその同調者を解雇するよう勧告。
1950年7月24日 日本初の国定公園として琵琶湖国定公園を指定。
1958年7月24日 報道各社が皇太子の結婚相手についての報道を正式発表まで自発的に規制することを決定。
1959年7月24日 ミス・ユニバースに日本人として初めて児島明子が選ばれる。
1959年7月24日 冷戦: モスクワでアメリカ博覧会が開幕。展示場のモデルハウスにおいてソ連共産党第一書記のニキータ・フルシチョフと米副大統領のリチャード・ニクソンが資本主義と共産主義の利点についての討論を行う(台所論争)。
1964年7月24日 ウッドリバー臨界事故: アメリカ・ロードアイランド州のウラン回収施設で臨界が発生。作業員が450シーベルト以上を被曝して死亡。
1965年7月24日 第二次大戦後初の日本からのサハリン墓参団が出発。
1967年7月24日 ケベック独立運動: モントリオール万博のためカナダを訪問していたフランス大統領シャルル・ド・ゴールが、「自由ケベック万歳!」の演説を行う。
1967年7月24日 南海本線箱作駅構内で、貨物列車と和歌山市行き急行列車が衝突。93名重軽傷。
1969年7月24日 アメリカの月宇宙船アポロ11号が地球に帰還。
1972年7月24日 四日市ぜんそく訴訟で津地方裁判所が原告勝訴の判決を下す。
1974年7月24日 北の湖が史上最年少(21歳2か月)で第55代横綱昇進。
1974年7月24日 ウォーターゲート事件: アメリカ最高裁が、ニクソン大統領と首席補佐官が事件対策を話しあう様子が収められた録音テープの引渡しを大統領側に命じる判決を出す。
1974年7月24日 ギリシャ軍事政権崩壊後、コンスタンディノス・カラマンリスが緊急政府の首相としてアテネに召還される。
1977年7月24日 リビア・エジプト戦争が4日間で終結。
1983年7月24日 パインタール事件。メジャーリーグベースボール(MLB)のニューヨーク・ヤンキース対カンザスシティ・ロイヤルズ戦で、ロイヤルズのジョージ・ブレットが最終回に逆転本塁打を放ったところでヤンキース側が本塁打は無効として抗議。裁判にまで発展し、8月18日に試合が再開される。
1985年7月24日 熊本県上益城郡甲佐町で熊本母娘殺害事件が発生。加害者の男は1962年に元妻の母(義母)を殺害したとして尊属殺人罪で無期懲役刑に処されたが、その仮釈放中に元妻の親族たちへの逆恨みから犯行に及んだ。
1987年7月24日 イラン・イラク戦争: 米軍によるクウェートのタンカー護衛がはじまる。(アーネスト・ウィル作戦)
1989年7月24日 首相の宇野宗佑が、参院選惨敗と自身の女性問題により退陣を表明。
1989年7月24日 北海道旭岳にて倒木で作られたSOSの文字が発見される。(SOS遭難事件)
2001年7月24日 元ブルガリア王シメオン・サクスコブルクゴツキ(シメオン2世)がブルガリア首相に就任する。
2001年7月24日 スリランカ内戦: バンダラナイケ国際空港襲撃事件。タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)がスリランカ空軍の基地とそれに隣接するバンダラナイケ国際空港を襲撃。
2002年7月24日 自民党有志(例外的に夫婦の別姓を実現させる会)、家裁の許可を要件とする例外的夫婦別氏制度(いわゆる家裁許可制)の民法改正案を自民党法務部会に提出。
2005年7月24日 ランス・アームストロングがツール・ド・フランス7連覇を達成(後にドーピングが発覚して優勝取消)。
2007年7月24日 リビアのエイズ感染事件: リビア政府により死刑から終身刑に減刑されブルガリア政府に引渡されたブルガリアの6人の医療従事者が帰国。ブルガリア政府はすぐに恩赦を実施。
2008年7月24日 岩手県沿岸北部地震が発生。青森県八戸市などで最大震度6弱を観測。
2010年7月24日 石川県珠洲市が地上波アナログテレビ放送を中止し、地上波デジタル放送に完全移行。
2010年7月24日 フィリピン、ミンダナオ島でマグニチュード7クラスの深発地震が3回発生。最大規模は6時51分頃のM7.8。
2011年7月24日 東日本大震災で大きな被害を受けた福島県、宮城県、岩手県を除く日本の44都道府県で地上波のアナログテレビ放送とアナログBS放送が終了。
2012年7月24日 日本で、この日までに移動体通信(携帯電話等)用800MHz帯の再編を完了。
2013年7月24日 サンティアゴ・デ・コンポステーラ列車脱線事故: スペインで、マドリードからフェロルに向かっていた列車が脱線転覆し、79人が死亡。
2014年7月24日 アルジェリア航空5017便墜落事故が発生。
2020年7月24日 体育の日がスポーツの日に改名し、この年のみこの日に移動する。

【関連・参考サイト】
7月24日(Wikipedia)