HOME > 今日は何の日 > 8月23日は何の日

8月23日は何の日

8月23日は「白虎隊の日」「奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー」「油の日」です。

また、毎年8月23日頃が二十四節気「処暑(しょしょ)」になります(2022年と2023年は8月23日)。「処暑」は暑さが峠を越えて後退し始める時期です。

月日 何の日
8月22日 「チンチン電車の日」
8月23日 「白虎隊の日」「奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー」「油の日」
8月24日 「愛酒の日」「ポンペイ最後の日」「ドレッシングの日」
誕生日 誕生花 花言葉
8月22日 クルクマ 「あなたの姿に酔いしれる」
8月23日 ゲッカビジン 「はかない美」「はかない恋」「あでやかな美人」
8月24日 ケイトウ 「おしゃれ」「気取り」「風変わり」
今日の名言

自分にもっとやさしくなってもいいのよ。

- アドリエンヌ・リッチ -

(米国のユダヤ系女性詩人 / 1929~2012)

以下では8月23日の記念日の由来、8月23日生まれの誕生花などをご紹介します。

8月23日の記念日・行事

8月23日の記念日・行事は「白虎隊の日」「奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー」「油の日」などです。

二十四節気の「処暑(しょしょ)」は、8月23日頃です(2022年と2023年は8月23日)。「処暑」は暑さが峠を越えて後退し始める時期です。

【関連・参考サイト】
処暑(Wikipedia)

白虎隊の日

1868年(慶応4年)8月23日、会津藩の少年隊「白虎隊」が飯盛山で自刃したことから。

1867年11月に江戸幕府第15代将軍・徳川慶喜が政権を朝廷へ返上(大政奉還)するも、1868年1月の鳥羽・伏見の戦いにより、新政府軍と旧幕府軍側が戦った戊辰戦争が勃発する。

幕末、会津藩は江戸幕府を支えて活動してきたため、新政府軍の仇敵となる。

鳥羽・伏見の戦いに敗れ徳川慶喜が恭順の態度を示すと、抗戦を主張した会津藩主松平容保は帰藩して軍事力の強化を図る。
部隊を年齢別に編成し、18~35歳を朱雀隊、36~49歳を青龍隊、50歳以上を玄武隊、そして16~17歳を白虎隊とする。
白虎というのは中国の伝説上の神獣の一つで、西方の守護神。

白虎隊は本来は予備兵力であったが、新政府軍と戦闘状態に入り、会津に危機が迫ると実戦に参加。
奮戦するも多くは戦死。生存者も新政府軍が城下に放った火炎を城の陥落と誤解し、8月23日に飯盛山で自刃しました。

会津若松城(鶴ヶ城)

若松城(鶴ヶ城)
photo: Yuriko IKEDA

【関連・参考サイト】
白虎隊(Wikipedia)
白虎隊十九士の墓(会津若松観光ビューロー)

奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー

1791年8月22日の夜から23日にかけて、カリブ海のフランス植民地サン=ドマング(現在のハイチ)で、大西洋奴隷貿易の廃止のきっかけとなった「ハイチ革命」が始まりました。

アフリカ人奴隷によるこの反乱が奴隷貿易の廃止において重要な日であることから、1998年(平成10年)に国連教育科学文化機関(ユネスコ)が記念日に制定。国際デーの一つです。

この日、奴隷貿易の悲劇を人々の記憶に刻むことを目的に世界各地でイベントが行われます。

ハイチ

【関連・参考サイト】
ハイチ革命(Wikipedia)
奴隷貿易(Wikipedia)
奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー(Wikipedia)

油の日

日付は、859年(貞観元年)8月23日に清和天皇の勅命により九州にあった宇佐八幡宮が京都・大山崎に遷宮されたことから。
日常生活に必要で大切な油について考えるきっかけの日になることを願い、京都府大山崎町にある「離宮八幡宮」と、油脂事業を展開するカネダ株式会社が共同で制定。

貞観年間(859~877)、「離宮八幡宮」は長木(ながき)という搾油器を発明し、荏胡麻(えごま)油の製油を始めました。
次第に全国にこの業が広まり、離宮八幡宮は朝廷より「油祖」の名を賜り、油の専売特許を与えられ繁栄しました。
しかし、織田信長の楽市楽座(商売の独占を否定し、自由な商売を認める)の政策で打撃を受け、さらに菜種(なたね)油が大量生産されるようになると市場を奪われ徐々に衰退しました。

この日、離宮八幡宮では生活に欠かせない油の恵みに感謝し、日々の生活の平安を願っておまつりをしています。
また、当日参拝された人にえごま油が配られます。

てこの原理を応用した搾油器「長木」
長木

【関連・参考サイト】
離宮八幡宮(Wikipedia)
油祖 離宮八幡宮

8月23日の記念日一覧

8月23日の記念日・行事
月日 何の日 制定・提唱
8月23日 白虎隊の日
8月23日 奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー 国際デー(ユネスコ)
8月23日 油の日 離宮八幡宮、カネダ(株)
8月23日 湖池屋ポテトチップスの日 (株)湖池屋
毎月23日の記念日・行事
月日 何の日 制定・提唱
毎月23日 乳酸菌の日 カゴメ(株)
毎月23日 不眠の日 エスエス製薬(株)
毎月23日 国産小ねぎ消費拡大の日 小ねぎ主産県協議会
毎月23日 ふみの日 郵政省(現在の日本郵政)
毎月23日 天ぷらの日
毎月23日 踏切の日

【関連・参考サイト】
8月23日(Wikipedia)
日本記念日協会

8月の二十四節気・雑節

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたものです。
8月は秋の気配が立ち始める「立秋(りっしゅう)」、暑さが峠を越えて後退し始める「処暑(しょしょ)」へと季節が移り変わります。

雑節(ざっせつ)は、二十四節気以外の季節の移り変わりの目安となる日(期間)。
立秋の直前18日間が「土用(どよう)」になります。

8月の二十四節気
季節 二十四節気 時期
立秋 2022年は8月7日、2023年は8月8日
処暑 2022年は8月23日、2023年は8月23日
8月の雑節
雑節 説明 時期
土用 立秋の直前18日間 2022年は7月20日~8月6日、2023年は7月20日~8月7日
土用の丑の日 鰻を食べる風習がある日 2022年は7月23日・8月4日、2023年は7月30日
二十四節気 雑節

8月23日の誕生花

8月23日の誕生花は「ゲッカビジン」「オシロイバナ」「ボダイジュ」です。

ゲッカビジンの花言葉は「はかない美」「はかない恋」などです。これらの花言葉は、ゲッカビジンが夜に咲き始め、翌朝までにしぼんでしまう一夜かぎりの花であることに由来します。

月日 誕生花 花言葉
8月23日 ゲッカビジン 「はかない美」「はかない恋」「あでやかな美人」
8月23日 オシロイバナ 「臆病」「内気」「恋を疑う」
8月23日 ボダイジュ 「夫婦愛」「結婚」

ゲッカビジン(開花時期は6月~11月)

ゲッカビジン
photo: Adriano Makoto Suzuki

オシロイバナ(開花時期は7月~10月)

オシロイバナ
photo: F. D. Richards

ボダイジュ(開花時期は6月~7月)

ボダイジュ
photo: Monika

8月に咲く花

8月に咲く花は「フヨウ」「オシロイバナ」「ハギ」「コスモス」「ハイビスカス」「サルスベリ」「ヒルガオ」「アサガオ」「グロリオサ」「ケイトウ」「オミナエシ」などです。

【関連・参考サイト】
8月23日の誕生花
8月の花