HOME > 今日は何の日 > 7月5日は何の日

7月5日は何の日

7月5日は「ビキニスタイルの日」「穴子の日」です。

他には「名護の日」「江戸切子の日」など全8個の記念日があります。

月日 記念日
7月4日 「アメリカ独立記念日」「梨の日」
7月5日 「ビキニスタイルの日」「穴子の日」
7月6日 「サラダ記念日」「ピアノの日」「ゼロ戦の日」
月日 出来事
7月4日 世界各地で超新星SN 1054が観測される(1054年)
7月5日 ランチョンミートの缶詰 SPAMが販売される(1937年)
7月6日 アナタハンの女王事件 – 元日本兵ら20人が帰国(1951年)
誕生日 偉人
7月4日 中谷宇吉郎(人工雪の作成に成功)
7月5日 ジャン・コクトー(詩人、小説家)
7月6日 ダライ・ラマ14世(チベット亡命政府指導者)
誕生日 誕生花 花言葉
7月4日 ネジバナ 「思慕」
7月5日 ラベンダー 「沈黙」「私に答えてください」「期待」「不信感」「疑惑」
7月6日 ヒマワリ 「私はあなただけを見つめる」「愛慕」「崇拝」
今日の名言

人生はロマン。
自分は不幸だと悩むのではなく、試練を与えられた物語の主人公だと思えば、人生をエンジョイできる。

- 美輪明宏 -

(日本のシンガーソングライター、俳優、演出家 / 1935~)

以下では7月5日の記念日の由来日本や世界の代表的な出来事、7月5日生まれの有名人誕生花などをご紹介します。
今日は何の日(366日カレンダー)

7月5日の記念日・行事

7月5日の記念日・行事は「ビキニスタイルの日」「穴子の日」などです。

ビキニスタイルの日

1946年(昭和21年)7月5日、フランスのファッションデザイナーのルイ・レアールが世界初となるビキニスタイルの水着を発表したことから。

ビキニの名前の由来

この水着が発表される4日前の1946年7月1日、南太平洋に浮かぶビキニ環礁でアメリカが原爆実験を実施。

ルイ・レアールは、この水着の小ささと周囲に与える破壊的威力を原爆にたとえて、ビキニと命名しました

ビキニが発表された当初は肌の露出度が高いことからあまり着用されず、アメリカでは1960年代初頭まで一般的なビーチでは着用禁止とされていました。

日本でビキニが一般的に着用されるようになったのは1970年代になってからでした。

ビーチ

【関連・参考サイト】
ビキニ (水着)(Wikipedia)

穴子の日

穴子にはうなぎと同様にビタミンA、ビタミンB類が豊富に含まれており、夏バテや食欲減退防止などの効果が期待できることから、「土用の丑の日」のように「穴子を食べる日」として定着させようと、ハンワフーズ株式会社が制定。
日付は「あな(7)ご(5)」(穴子)と読む語呂合わせから。

アナゴはウナギ目アナゴ科に属する魚類の総称ですが、日本で一般に「穴子」といえば、浅い海の砂泥底に生息し、美味なマアナゴを指します。

マアナゴは北海道以南から東シナ海まで分布し、アナゴ筒、かご漁、釣り、はえ縄、底引き網などで漁獲されます。7月~8月が旬の時期です。

穴子

【関連・参考サイト】
マアナゴ(Wikipedia)

7月5日の記念日一覧

7月5日の記念日は全部で8個あります。

7月5日の記念日・行事
ビキニスタイルの日 1946年7月5日、フランスのファッションデザイナーのルイ・レアールが世界初となるビキニスタイルの水着を発表したことから。
穴子の日 穴子にはうなぎと同様にビタミンA、ビタミンB類が豊富に含まれており、夏バテや食欲減退防止などの効果が期待できることから、「土用の丑の日」のように「穴子を食べる日」として定着させようと、ハンワフーズ(株)が制定。
日付は「あな(7)ご(5)」(穴子)と読む語呂合わせから。
名護の日 沖縄県の名護市を盛り上げるため、「名護の日制定推進ネットワーク会議」が制定。
日付は「な(7)ご(5)」(名護)と読む語呂合わせから。
江戸切子の日 国の伝統的工芸品に指定されているガラス工芸品「江戸切子」をより多くの人に知ってもらうため、江戸切子協同組合が制定。
日付は、江戸切子の伝統文様の一つである魚子(ななこ)を「なな(7)こ(5)」と読む語呂合わせから。
セコムの日 企業や家庭などで「安全、安心」について考え、意識を高めてもらいたいと、セコム(株)が制定。
日付は社名のセコムにちなみ、7月5日、6日を「セ(7)コ(5)ム(6)」と読む語呂合わせから。
プラチナエイジの日 60歳からの世代をプラチナのように永遠に輝き続ける世代として「プラチナエイジ」と呼び、イキイキとした人生を送ってもらいたいと、(一社)プラチナエイジ振興協会が制定。
日付は、7月5日の誕生石がプラチナとされていることから。
とりなんこつの日 酒のつまみなどでよく食べられるとりの軟骨の販売促進のため、(株)味のちぬやが制定。
日付は「なん(7)こ(5)つ」と読む語呂合わせから。
切削工具の日 切削加工業界の変革と活性化、情報の入手が不利な中小企業や若手人材の支援を目指し、その取り組みを加速させるため、「切削工具の情報サイト タクミセンパイ」が制定。
日付は、切削の「切」に「七」が入っていることから7月、工具の「工」(5)の5日を合わせて7月5日としたもの。
毎月5日の記念日
たまごの日 たまごの正しい知識の普及と消費拡大を目的に、(一社)日本養鶏協会が制定。
日付は「たま(0)ご(5)」と読む語呂合わせから毎月5日に。
長城清心丸の日 生薬主剤の滋養強壮薬「長城清心丸」をより多くの人に知ってもらいたいと、アスゲン製薬(株)が制定。
日付は、主薬の牛黄を「ゴ(5)オウ」と読む語呂合わせから毎月5日に。
みたらしだんごの日 みたらしだんごの販売促進のため、山崎製パン(株)が制定。
日付は「み(3)たらし(4)だんご(5)」と読む語呂合わせから毎月3日・4日・5日に。

【関連・参考サイト】
7月5日(Wikipedia)
日本記念日協会

7月5日の出来事

7月5日の出来事は「ランチョンミートの缶詰 SPAMが販売される(1937年)」などです。

ランチョンミートの缶詰 SPAMが販売される(1937年)

SPAM(1937)

1937年(昭和12年)7月5日、アメリカのホーメル社がランチョンミートの缶詰「SPAM(スパム)」を発売しました。

ランチョンミートとは、ソーセージの材料を腸ではなく型に詰めたものです。ランチョンとは昼食を意味し、この食品がしばしば昼食のメニューに用いられたことからランチョンミートの名が定着しました。

スパムは、優れた保存性からアメリカ軍のレーション(配給品)に採用され、アメリカのみならず、米軍の進出したヨーロッパやアジアで広まりました。

特に、ハワイ州とグアムはスパム消費が最も多い地域として知られています。日系アメリカ人によって考案された「スパムむすび」はハワイ州において人気の商品です。

沖縄でもアメリカによる沖縄統治時代にスパムが普及しました。沖縄県には沖縄ホーメル社があり、県内向けにスパムなどが製造・発売されています。沖縄の家庭料理「ポーク玉子」は、薄切りにしたスパムを焼き、卵焼きを添えたものです。

【関連・参考サイト】
スパム(Wikipedia)
沖縄ホーメル

7月5日の出来事一覧

7月5日に発生した日本や世界の代表的な出来事をご紹介します。

7月5日の出来事
年月日 出来事
1937年7月5日 アメリカのホーメルフーズがランチョンミートの缶詰をSPAMの名称で販売開始。
スパム(Wikipedia)
1962年7月5日 北アフリカのアルジェリアがフランスより独立。
アルジェリア(Wikipedia)
1996年7月5日 スコットランドで世界初の哺乳類の体細胞クローンである羊「ドリー」が生まれる。
ドリー (羊)(Wikipedia)
2017年7月5日 福岡県と大分県を中心とする九州北部で記録的な集中豪雨。河川の氾濫などで42人が犠牲となる。(平成29年7月九州北部豪雨)
平成29年7月九州北部豪雨(Wikipedia)

7月5日生まれの偉人・有名人

7月5日生まれの偉人・有名人は「ジャン・コクトー(詩人、小説家)」「小杉竜一(お笑いタレント)」「大谷翔平(プロ野球選手)」などです。

ジャン・コクトー(詩人、小説家)

ジャン・コクトー

1889年(明治22年)7月5日、ジャン・コクトーは、フランス・パリ近郊のメゾン=ラフィットで三人兄弟の末っ子として生まれました。

9歳のときに父がピストル自殺をしています。

高校生のときに作家のマルセル・プルーストらと出会い、文学に没頭。大学受験には失敗し、進学を断念しました。

1909年(明治42年)、20歳のときに自費で最初の詩集を発表しました。

1915年(大正4年)、26歳のときにイタリアの画家モディリアーニをはじめとする画家との交流が始まり、スペインのパブロ・ピカソやフランスの作曲家エリック・サティとも出会いました。

1917年(大正6年)、28歳のときに、コクトー(台本)、サティ(音楽)、ピカソ(美術・衣装)という、当時の最先端の芸術家によって生み出された革新的なバレエ『パラード』が上演されました。

1923年(大正12年)、友人で早熟の天才といわれた小説家レーモン・ラディゲが20歳で病死。臨終を看取ったコクトーはラディゲの早すぎる死に深い衝撃を受け、その後10年にわたってアヘンに溺れました。

1929年(昭和4年)、40歳のコクトーはアヘン療養中に代表作となる小説『恐るべき子供たち』を執筆。

1936年(昭和11年)、47歳のときに世界一周の旅で日本を訪問。相撲と歌舞伎に感心し、この時観た『鏡獅子』が、後の『美女と野獣』に影響を与えたともいわれます。

1945年(昭和20年)、56歳のときに代表的映画作品『美女と野獣』を監督しました。

1963年(昭和38年)10月、フランスのシャンソン歌手のエディット・ピアフが癌により死去。彼女の親友でもあったコクトーは大きなショックを受け、その日の夜就寝中に心臓発作を起こし急死。ジャン・コクトーは74年の生涯を閉じました。

ジャン・コクトーの名言

青年は決して安全な株を買ってはならない。

【関連・参考サイト】
ジャン・コクトー(Wikipedia)
ジャン・コクトーの名言

7月5日生まれの偉人・有名人一覧

7月5日生まれの日本や世界の偉人・有名人をご紹介します。

7月5日生まれの有名人
誕生日 有名人 職業 年齢
1853年7月5日 セシル・ローズ イギリス帝国の植民地政治家 48歳没
1857年7月5日 クララ・ツェトキン ドイツの政治家(女性解放運動の母) 75歳没
1889年7月5日 ジャン・コクトー フランスの詩人、小説家 74歳没
1941年7月5日 仲本工事 コメディアン 82歳
1946年7月5日 ポール・スミス イギリスのファッションデザイナー 77歳
1972年7月5日 ワッキー お笑いタレント(ペナルティ) 51歳
1973年7月5日 小杉竜一 お笑いタレント(ブラックマヨネーズ) 50歳
1975年7月5日 杉山愛 プロテニス選手 48歳
1984年7月5日 山田優 ファッションモデル 39歳
1994年7月5日 大谷翔平 プロ野球選手 29歳

7月5日の誕生花

7月5日の誕生花は「ラベンダー」「ロベリア」「ハマナス」「ペンステモン」です。

7月5日の誕生花
誕生花 花言葉
ラベンダー 「沈黙」「私に答えてください」「期待」「不信感」「疑惑」
ロベリア 「悪意」「謙遜」
ハマナス 「悲しくそして美しく」
ペンステモン 「あなたに見とれています」
花言葉の由来

ラベンダーの花言葉は「沈黙」「疑惑」などです。

「沈黙」は、ラベンダーの精神安定効果に由来します。

「疑惑」は、ラベンダーが不思議なほどに強い香りを放つことにちなむといわれます。

ラベンダー(開花時期:5月~7月)

ラベンダー
photo: titanium22

ロベリア(開花時期:4月~6月)

ロベリア
photo: Dennis Elzinga

ハマナス(開花時期:5月~8月)

ハマナス
photo: Bud

ペンステモン(開花時期:6月~9月)
花言葉:「あなたに見とれています」

ペンステモン
photo: Renee Grayson

【関連・参考サイト】
7月5日の誕生花


前日  7月5日  翌日

テキストのコピーはできません。