HOME > 今日は何の日 > 12月27日は何の日

12月27日は何の日

12月27日は「浅草仲見世記念日」です。

月日 記念日
12月26日 「プロ野球誕生の日」
12月27日 「浅草仲見世記念日」
12月28日 「御用納め・仕事納め」
誕生日 誕生花 花言葉
12月26日 クリスマスローズ 「私の不安をやわらげて」「慰め」「中傷」
12月27日 パンジー 「もの思い」「私を思って」
12月28日 ザクロ(花) 「円熟した優雅さ」
今日の名言

自分の能力は、自分で使ってみなければわからない。

- 湯川秀樹 -

(日本の理論物理学者、ノーベル賞受賞 / 1907~1981)

以下では12月27日の記念日の由来、12月27日生まれの誕生花などをご紹介します。

12月27日の記念日・行事

12月27日の記念日・行事は「浅草仲見世記念日」などです。

浅草仲見世記念日

1885年(明治18年)12月27日、東京・浅草の「仲見世」が新装開業したことから。

社寺の境内などで、みやげ物などを売る商店街を仲見世(中見世)といいます。
特に、東京都台東区・浅草寺の雷門から宝蔵門までの参道(長さ250メートル)の両側につづく仲見世商店街が有名です。

浅草の仲見世の歴史

江戸時代(1603~1867)の1685年頃、浅草寺の近隣住民に境内の掃除を役務として課す見返りに、境内や参道上で店を営業する特権が与えられました。これが仲見世の始まりとされています。

明治になり、寺社の所領が政府に没収され、浅草寺の境内も東京府の管轄となりました。
1873年(明治6年)に浅草寺域は浅草公園に指定され、以前からの特権が仲見世から取り上げられました。

1885年(明治18年)5月、東京府は仲見世全店の取り払いを命じ、同年12月に煉瓦造りの洋風豊かな新店舗が完成、近代仲見世が誕生しました。

1923年(大正12年)の関東大震災で赤煉瓦の仲見世は倒壊。
その後、鉄筋コンクリート造りの建物として再建されました。

現在、商店が立ち並ぶ通りは「仲見世通り」と呼ばれ、東側に54店、西側に35店、合計89店の店舗があります。

浅草仲見世

【関連・参考サイト】
浅草寺(Wikipedia)
仲見世(浅草仲見世商店街振興組合)

12月27日の記念日一覧

12月27日の記念日・行事
月日 記念日 制定・提唱
12月27日 浅草仲見世記念日
12月27日 国際疫病対策の日 国際デー(国連総会)
12月27日 ピーターパンの日
12月27日 寒天発祥の日 伏見寒天記念碑を建てる会
毎月27日の記念日・行事
月日 記念日 制定・提唱
毎月27日 ツナの日
毎月27日 仏壇の日 全日本宗教用具協同組合
毎月27日 交番の日 神奈川県警察

【関連・参考サイト】
12月27日(Wikipedia)
日本記念日協会

12月27日の誕生花

12月27日の誕生花は「パンジー」「ヤツデ」です。

パンジーの花言葉は「もの思い」「私を思って」です。「もの思い」は、花姿が思索にふける人の顔に見えることにちなみます。

月日 誕生花 花言葉
12月27日 パンジー 「もの思い」「私を思って」
12月27日 ヤツデ 「健康」「分別」「親しみ」

パンジー(開花時期は10月~5月)

パンジー
photo: Cassandra Jowett

ヤツデ(開花時期は11月~12月)

ヤツデ
photo: TANAKA Juuyoh (田中十洋)

【関連・参考サイト】
12月27日の誕生花