HOME > 今日は何の日 > 7月18日は何の日

7月18日は何の日

7月18日は「光化学スモッグの日」「ネルソン・マンデラ国際デー」です。

他には「カナデルチカラの日」など全4個の記念日があります。

月日 記念日
7月17日 「世界絵文字デー」「漫画の日」「東京の日」「祇園祭山鉾巡行 前祭」
7月18日 「光化学スモッグの日」「ネルソン・マンデラ国際デー」
7月19日 「北壁の日」「女性大臣の日」
月日 出来事
7月17日 八頭身美人 – 伊東絹子がミス・ユニバースで3位に入賞(1953年)
7月18日 紀州大水害 – 死者・行方不明者1124人(1953年)
7月19日 ビルマ建国の父アウンサンが暗殺される(1947年)
誕生日 偉人
7月17日 近藤兵太郎(野球指導者)
7月18日 ネルソン・マンデラ(反アパルトヘイト運動の指導者)
7月19日 エドウィン・ダン(農業技師)
誕生日 誕生花 花言葉
7月17日 ヒルガオ 「絆」「友達のよしみ」「情事」
7月18日 マリーゴールド 「嫉妬」「絶望」「悲しみ」
7月19日 トリカブト 「騎士道」「栄光」「人嫌い」「厭世家」「復讐」
今日の名言

自分もいつかは死ぬ。
それを思い出すことは、失うものなど何もないということを気づかせてくれる最善の方法です。

- スティーブ・ジョブズ -

(米国の実業家、アップル創業者 / 1955~2011)

以下では7月18日の記念日の由来日本や世界の代表的な出来事、7月18日生まれの有名人誕生花などをご紹介します。
今日は何の日(366日カレンダー)

7月18日の記念日・行事

7月18日の記念日・行事は「光化学スモッグの日」「ネルソン・マンデラ国際デー」などです。

光化学スモッグの日

1970年(昭和45年)7月18日、東京・杉並区で運動中の生徒が原因不明の健康被害を受ける事件が発生し、後に光化学スモッグが原因であることが判明したことから。

この日、東京都杉並区の私立東京立正高校のグランドで運動中の女生徒43人が目やのどの痛み等を訴えて病院へ運ばれました。
東京都公害研究所の調査によって光化学スモッグが原因であると判明。日本で初めて光化学スモッグによる被害が明らかになりました。

光化学スモッグとは、自動車や工場などから排出される窒素酸化物や揮発性有機化合物(VOC)が、日光に含まれる紫外線によって光化学反応を起こし、有害な光化学オキシダントを生成する現象です。
夏の暑い日の昼間、特に日差しが強く風の弱い日に発生しやすくなります。

光化学スモッグ

【関連・参考サイト】
光化学スモッグ(Wikipedia)

ネルソン・マンデラ国際デー

社会奉仕活動を通じて、アパルトヘイト撤廃に尽力した南アフリカの政治家ネルソン・マンデラの功績を称える日として、2009年(平成21年)11月の国連総会で制定。国際デーの一つです。

日付は、ネルソン・マンデラの誕生日(1918年7月18日)から。

この日、ネルソン・マンデラの67年間の反アパルトヘイト運動にちなんで、67分間の社会奉仕活動を行うよう、世界中の人々に呼びかけています。

ネルソン・マンデラ

【関連・参考サイト】
ネルソン・マンデラ(Wikipedia)

7月18日の記念日一覧

7月18日の記念日は全部で4個あります。

7月18日の記念日・行事
光化学スモッグの日 1970年7月18日、東京・杉並区で運動中の生徒が原因不明の健康被害を受ける事件が発生し、後に光化学スモッグが原因であることが判明したことから。
ネルソン・マンデラ国際デー 社会奉仕活動を通じて、アパルトヘイト撤廃に尽力した南アフリカの政治家ネルソン・マンデラの功績を称える日として、国連総会で制定(国際デー)。
日付は、ネルソン・マンデラの誕生日(1918年7月18日)から。
カナデルチカラの日 音楽を奏でる力で笑顔でつながり合い、人々の心の健康を守りたいと、(株)池部楽器店が制定。
日付は、同社の創業記念日(1975年7月18日)から。
ミールキット(Kit Oisix)の日 レシピと食材がセットになり、短時間で簡単に献立を作ることができる「ミールキット」の認知度向上を図るため、オイシックス・ラ・大地(株)が制定。
日付は、ミールキット(Kit Oisix)の販売日(2013年7月18日)から。
毎月18日の記念日
ホタテの日 ホタテの消費拡大のため、青森県漁業協同組合連合会とむつ湾漁業振興会が制定。
日付は、ホタテの「ホ」の字を分解した「十八」から毎月18日に。
頭髪の日 全国理容生活衛生同業組合連合会が制定。
日付は「とう(10)はつ(8)」(頭髪)と読む語呂合わせから毎月18日に。
防犯の日 防犯対策を毎月この日に見直して、「安全、安心」に暮らしてほしいと、セコム(株)が制定。
日付は「18」の「1」を棒に見立てて「防」、「8」を「犯」と読む語呂合わせから毎月18日に。

【関連・参考サイト】
7月18日(Wikipedia)
日本記念日協会

7月18日の出来事

7月18日の出来事は「紀州大水害 – 死者・行方不明者1124人(1953年)」などです。

紀州大水害 – 死者・行方不明者1124人(1953年)

1953年(昭和28年)7月17日から翌18日朝にかけて、活発な梅雨前線による豪雨(南紀豪雨)が和歌山県北部を襲い、和歌山県の山間部では24時間で500mm以上の雨量を記録。

この豪雨により、7月18日には和歌山県内の有田川と日高川の堤防が決壊。和歌山県では死者・行方不明者が1015人(全国で1124人)にのぼる甚大な被害が発生しました。

その後、紀州大水害で大きな被害をもたらした河川ではダムによる治水対策が図られました。有田川本流には1966年(昭和41年)に二川ダムが建設され、日高川本流には和歌山県下最大級の多目的ダムである椿山ダムが1988年(昭和63年)に完成しています。

二川ダム(和歌山県有田郡有田川町)

二川ダム
Kansai explorer

椿山ダム(和歌山県日高郡日高川町)
椿山ダム

【関連・参考サイト】
紀州大水害(Wikipedia)
自然災害の映像記録 1953年 南紀豪雨(NHK)
二川ダム(Wikipedia)
椿山ダム(Wikipedia)

7月18日の出来事一覧

7月18日に発生した日本や世界の代表的な出来事をご紹介します。

7月18日の出来事
年月日 出来事
1953年7月18日 前日からの豪雨(南紀豪雨)が和歌山県北部を襲い、有田川や日高川などが決壊した和歌山県を中心に死者・行方不明者1124人という甚大な被害が発生。(紀州大水害)
紀州大水害(Wikipedia)
1969年7月18日 アメリカのエドワード・ケネディ上院議員が飲酒運転で事故を起こしてその場から逃げ出し、同乗者は死亡。(チャパキディック事件)
チャパキディック事件(Wikipedia)
2019年7月18日 京都市伏見区の京都アニメーションで放火殺人事件が発生し、36人が死亡。(京都アニメーション放火殺人事件)
京都アニメーション放火殺人事件(Wikipedia)

7月18日生まれの偉人・有名人

7月18日生まれの偉人・有名人は「ネルソン・マンデラ(反アパルトヘイト運動の指導者)」「大倉孝二(俳優)」「広末涼子(女優)」などです。

ネルソン・マンデラ(反アパルトヘイト運動の指導者)

ネルソン・マンデラ

1918年(大正7年)7月18日、ネルソン・マンデラは、南アフリカの東ケープ州トランスカイのクヌ村で、首長の子として生まれました。

少年時代に父から反英闘争の歴史やリーダーシップ、寛容の精神などを学んだといいます。

大学在学中の1944年(昭和19年)、26歳のときにアフリカ民族会議(ANC)に入党。
ANCの青年同盟を創設して反アパルトヘイト運動に取り組みました。

1952年(昭和27年)、34歳のときに弁護士事務所を開業。同年12月にANC副議長に就任しました。

1960年(昭和35年)、42歳のときにシャープビル虐殺事件(警察が抗議活動をする市民に発砲し、69人が死亡)が発生すると、マンデラも武装闘争路線へと転換しました。

翌年、軍事組織「民族の槍」を創設して司令官に就任。その活動により1962年(昭和37年)、44歳のときに逮捕され、その後国家反逆罪で終身刑となり、ロベン島に収監されました。

獄中のマンデラは反アパルトヘイト運動の象徴的な存在とみなされ、マンデラの釈放が全世界から求められるようになりました。

1989年(平成元年)、マンデラはデクラーク大統領と会談し、翌年、71歳のマンデラが釈放されました。

1991年(平成3年)にマンデラはANC議長に就任。デクラーク大統領と協力して全人種代表が参加する民主南アフリカ会議や多党交渉フォーラムを開催しました。

1993年(平成5年)、75歳のマンデラはデクラーク大統領とともにノーベル平和賞を受賞。

1994年(平成6年)、南アフリカ初の全人種参加選挙が実施され、ANCが勝利。マンデラは第8代大統領に就任し、民族和解・協調を呼びかけました。

1999年(平成11年)、80歳のときに任期満了に伴い大統領職を退任。政治の世界からも引退しました。

2013年(平成25年)12月にネルソン・マンデラは死去、95年の生涯を閉じました。

ネルソン・マンデラの名言

外見は大切。
笑顔を忘れぬよう。

【関連・参考サイト】
ネルソン・マンデラ(Wikipedia)
シャープビル虐殺事件(Wikipedia)
ネルソン・マンデラの名言

7月18日生まれの偉人・有名人一覧

7月18日生まれの日本や世界の偉人・有名人をご紹介します。

7月18日生まれの有名人
誕生日 有名人 職業 年齢
1811年7月18日 ウィリアム・メイクピース・サッカレー イギリスの小説家 52歳没
1918年7月18日 ネルソン・マンデラ 南アフリカの第8代大統領 95歳没
1963年7月18日 板尾創路 お笑いタレント(130R)、俳優 60歳
1974年7月18日 大倉孝二 俳優 49歳
1980年7月18日 広末涼子 女優 43歳
1991年7月18日 山本美月 女優、ファッションモデル 32歳
1994年7月18日 Matt ミュージシャン、タレント 29歳

7月18日の誕生花

7月18日の誕生花は「マリーゴールド」「バーベナ」「トウワタ」です。

マリーゴールドの花言葉は「嫉妬」「絶望」「悲しみ」です。

黄色系の花には不吉をほのめかす花言葉が多く、マリーゴールドにも不吉な花言葉がつけられています。

7月18日の誕生花
誕生花 花言葉
マリーゴールド 「嫉妬」「絶望」「悲しみ」
バーベナ 「魔力」「魅力」
トウワタ 「私を行かせて」「心変わり」

マリーゴールド(開花時期:4月~11月)
花言葉:「嫉妬」「絶望」「悲しみ」
西洋の花言葉:「jealousy(嫉妬)」「despair(絶望)」「grief(悲嘆)」

マリーゴールド
photo: Matt

バーベナ(開花時期:5月~10月)
花言葉:「魔力」「魅力」
西洋の花言葉:「enchantment(魔力、魅力)」「sensibility(感受性)」

バーベナ
photo: Carol VanHook

トウワタ(開花時期:7月~9月)

トウワタ
photo: Tracie Hall

【関連・参考サイト】
7月18日の誕生花


前日  7月18日  翌日

テキストのコピーはできません。