HOME > 今日は何の日 > 1月6日は何の日

1月6日は何の日

1月6日は「色の日」「ケーキの日」「東京消防出初式」です。

また、毎年1月5日頃が二十四節気「小寒(しょうかん)」になります(2022年は1月5日、2023年は1月6日)。寒さが厳しくなる頃で、この日を「寒の入り」ともいいます。

月日 何の日
1月5日 「囲碁の日」「遺言の日」「ホームセキュリティの日」
1月6日 「色の日」「ケーキの日」「東京消防出初式」
1月7日 「七草がゆ」「爪切りの日」「人日の節句」
月日 出来事
1月5日 モナコ大公と女優グレース・ケリーの婚約発表(1956年)
1月6日 競走馬ハイセイコーの引退式(1975年)
1月7日 昭和天皇の崩御(1989年)
誕生日 偉人
1月5日 佐藤次郎(テニス選手)
1月6日 ジャンヌ・ダルク(フランスの危機を救った少女)
1月7日 ルイス・ハミルトン(F1ドライバー)
誕生日 誕生花 花言葉
1月5日 ミスミソウ 「自信」「はにかみ屋」
1月6日 マンサク 「呪文」「魔力」「霊感」「ひらめき」
1月7日 セリ 「清廉で高潔」「貧しくても高潔」
366日 偉人の名言
真の発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。
新しい目で見ることなのだ。

- マルセル・プルースト -

(フランスの作家 / 1871~1922)

以下では1月6日の記念日の由来出来事の詳細、1月6日生まれの有名人や誕生花・誕生石などをご紹介します。

1月6日の記念日・行事

1月6日の記念日・行事は「色の日」「ケーキの日」「東京消防出初式」などです。

二十四節気の「小寒(しょうかん)」は、1月5日頃です(2022年は1月5日、2023年は1月6日)。寒さが厳しくなる頃で、この日を「寒の入り」ともいいます。

色の日

色に関係する職業の人の記念日。日付は「い(1)ろ(6)」と読む語呂合わせから。

ケーキの日

1879年(明治12年)1月6日、上野の風月堂が日本で初めてケーキの宣伝をしたことから。

東京消防出初式

毎年1月6日に東京消防庁の消防署員らが消防演技、演奏演技、はしご乗りなどを披露する新春恒例の防火・防災行事です。

佐久鯉誕生の日

1746年1月6日、伊勢神宮の福島神主へ篠澤佐吾衛門包道が佐久鯉料理を献上したことから。包道の子孫であり佐久ホテルの社長である篠澤明剛氏が制定。佐久鯉とその料理の魅力を伝えるのが目的。

1月6日の記念日一覧

1月6日の記念日・行事
月日 何の日 制定・提唱
1月6日 色の日
1月6日 ケーキの日
1月6日 東京消防出初式 東京消防庁
1月6日 佐久鯉誕生の日 佐久ホテル社長・篠澤明剛氏
1月6日 カラーの日 (一社)ビジネスカラー検定協会
1月6日 まくらの日 まくら(株)
毎月6日の記念日・行事
月日 何の日 制定・提唱
毎月6日 メロンの日 第2回全国メロンサミットinほこた開催実行委員会
毎月6日 手巻きロールケーキの日 (株)モンテール
毎月6日 富良野オムカレーの日 富良野オムカレー推進協議会

【関連・参考サイト】
1月6日(Wikipedia)
日本記念日協会

1月の二十四節気

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたものです。
1月は寒さが厳しくなる「小寒」、一年で寒さが最も厳しくなる「大寒」へと季節が移り変わります。

1月の二十四節気
季節 二十四節気 時期
小寒(しょうかん) 2022年は1月5日、2023年は1月6日
大寒(だいかん) 2022年は1月20日、2023年は1月20日

1月6日の誕生花

1月6日の誕生花は「マンサク」です。

マンサクの花言葉は「呪文」「魔力」などです。これらの花言葉は、かつて東北地方でマンサクの咲き具合で作況を占ったことやアメリカ先住民がマンサクの枝を占い棒として使用したことにちなみます。

1月6日の誕生花 「マンサク」
マンサクの花言葉 「呪文」「魔力」「霊感」「ひらめき」

マンサク(開花時期は2月~3月)

マンサク
photo: Koichi Oda

1月に咲く花

1月に咲く花は「ウメ」「クリスマスローズ」「ロウバイ」「カランコエ」「スイセン」「ポインセチア」「シクラメン」「プリムラ」「パンジー」「シンビジウム」などです。

【関連・参考サイト】
1月6日の誕生花
1月の花

1月6日の誕生石

「自分の生まれた月の宝石を身につけると幸せが訪れる」といわれます。1月6日生まれの誕生石(1月の誕生石)は「ガーネット」です。

ガーネットの石言葉は「真実」「友愛」「忠実」です。

ガーネット
photo: Amila Tennakoon

深紅の宝石として有名なガーネット(Garnet)。名前は「種」を意味するラテン語の「granatum(グラナタス)」を語源とし、赤いザクロの種に似ていることにちなむといわれます。日本でも柘榴石(ざくろいし)と呼ばれています。赤色以外にも橙色、黄色、緑色など種類が豊富です。

各月の誕生石
誕生石 石言葉
1月 ガーネット 「真実」「友愛」「忠実」
2月 アメシスト 「誠実」「心の平和」
3月 アクアマリン、サンゴ、ブラッドストーン 「沈着」「勇敢」「聡明」 (アクアマリン)、「長寿」「幸福」 (サンゴ)、「勇気」「献身」 (ブラッドストーン)
4月 ダイヤモンド 「清浄無垢」
5月 エメラルド、ヒスイ 「幸運」「幸福」 (エメラルド)、「長寿」「健康」「安定」 (ヒスイ)
6月 パール、ムーンストーン 「健康」「長寿」「富」 (パール)、「恋の予感」「純粋な愛」 (ムーンストーン)
7月 ルビー 「情熱」「仁愛」「威厳」
8月 ぺリドット 「夫婦の幸福」「和合」
9月 サファイア 「慈愛」「誠実」「徳望」
10月 オパール、トルマリン 「希望」「幸運」 (オパール)、「寛大」「忍耐」「友情」 (トルマリン)
11月 トパーズ、シトリン 「友情」「希望」「潔白」 (トパーズ)、「友愛」「希望」 (シトリン)
12月 ターコイズ、タンザナイト、ラピスラズリ 「成功」 (ターコイズ)、「高貴」「冷静」 (タンザナイト)、「幸運」「健康」 (ラピスラズリ)

【関連・参考サイト】
誕生石(Wikipedia)
ガーネット(Wikipedia)

1月6日の星座

1月6日生まれの星座は「やぎ座」です。
やぎ座の期間は12月22日~1月19日です。

誕生日 星座 英語
1月6日 やぎ座 Capricorn (カプリコーン)
黄道十二星座
12星座 英語 誕生日
おひつじ座 Aries (アリエス) 3月21日~4月19日
おうし座 Taurus (タウルス) 4月20日~5月20日
ふたご座 Gemini (ジェミニ) 5月21日~6月21日
かに座 Cancer (キャンサー) 6月22日~7月22日
しし座 Leo (レオ) 7月23日~8月22日
おとめ座 Virgo (ヴァルゴ) 8月23日~9月22日
てんびん座 Libra (ライブラ) 9月23日~10月23日
さそり座 Scorpio (スコーピオ) 10月24日~11月22日
いて座 Sagittarius (サジタリアス) 11月23日~12月21日
やぎ座 Capricorn (カプリコーン) 12月22日~1月19日
みずがめ座 Aquarius (アクエリアス) 1月20日~2月18日
うお座 Pisces (ピスケス) 2月19日~3月20日

【関連・参考サイト】
黄道十二星座(Wikipedia)

1月6日生まれの有名人

1月6日生まれの有名人は「リチャード2世(イングランド王)」「ジャンヌ・ダルク(フランスの危機を救った少女)」「菊地凛子(女優)」などです。

ジャンヌ・ダルク(フランスの危機を救った少女)

1412年頃1月6日、フランス王国東部のドンレミ村の農家に生まれる。
神の啓示を受けたとして皇太子シャルルの軍に参加。皇太子の軍を鼓舞してイギリス軍包囲下のオルレアンに急行し、その解放に成功。フランス王シャルル7世の戴冠に貢献しました。
その後捕虜となり、異端の判決を受けたジャンヌは火刑に処せられ、19年の生涯を閉じました。

【関連・参考サイト】
ジャンヌ・ダルク(Wikipedia)

1月6日生まれの有名人一覧

1月6日生まれの有名人
誕生日 有名人 職業 年齢
1367年1月6日 リチャード2世 イングランド王 33歳没
1412年頃1月6日 ジャンヌ・ダルク フランスの軍人、聖女 19歳没
1931年1月6日 八千草薫 女優 88歳没
1954年1月6日 中畑清 プロ野球選手 68歳
1958年1月6日 CHAGE シンガーソングライター 64歳
1960年1月6日 大場久美子 女優 62歳
1978年1月6日 Reina 歌手(MAX) 44歳
1981年1月6日 菊地凛子 女優 41歳

1月6日の出来事

1月6日の出来事は「ハイセイコーの引退式(1975年)」などです。

競走馬ハイセイコーの引退式(1975年)

1970年代、社会現象と呼ばれるほどの人気を集めた国民的アイドルホースのハイセイコー。1972年7月に大井競馬場でデビューし、6連勝を達成。翌年に中央競馬へ移籍し、第一次競馬ブームの立役者となりました。
1975年1月6日、『さらばハイセイコー』が流れるなか、東京競馬場で引退式が行われました。

【関連・参考サイト】
ハイセイコー(Wikipedia)

1月6日の出来事一覧

1月6日の出来事
年月日 出来事
741年1月6日 聖武天皇が都を恭仁京へ遷都する。
1066年1月6日 イングランドのエドワード懺悔王が死去し、ハロルド2世が即位。
1355年1月6日 神聖ローマ皇帝カール4世がローマで戴冠。
1449年1月6日 東ローマ帝国最後の皇帝コンスタンティノス11世パレオロゴスが即位。
1610年1月6日 有馬晴信がポルトガル船マードレ・デ・デウス号を焼き討ち。岡本大八事件の発端の一つとなる。
1649年1月6日 イングランド内戦:ランプ議会(長期議会)が国王チャールズ1世の裁判を行うことを議決。
1838年1月6日 サミュエル・モールス、アルフレッド・ヴェイルらが初めて電信の実験に成功。
1842年1月6日 イギリスのカーブル撤退。アフガニスタンに侵攻したインドのイギリス軍に対するアフガン人の抵抗に、イギリス軍がアクバル=ハーンと協議、撤退を開始。しかし途中で攻撃を受け、4500人のイギリス軍は全滅。
1912年1月6日 アメリカ合衆国議会がニューメキシコをアメリカ合衆国47番目の州として承認。
1912年1月6日 アルフレート・ヴェーゲナーがドイツ地質学会で初めて大陸移動説を発表。
1926年1月6日 ルフトハンザ航空設立
1929年1月6日 セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国王アレクサンダル1世が憲法を停止して議会を解散、独裁制を敷く。
1932年1月6日 春秋園事件。天竜・大ノ里ら32人の力士が相撲協会の体質改善などの要望書を相撲協会に提出。
1937年1月6日 名古屋城の金鯱の尾のうろこ110枚のうち58枚が剥ぎ取られているのを発見。同月27日に犯人を逮捕。
1941年1月6日 フランクリン・ルーズベルト米大統領が年頭教書で「4つの自由」の演説を行う。
1948年1月6日 ケネス・クレイボーン・ロイヤル米陸軍長官が「日本を極東における共産主義の防壁にする」と演説。
1949年1月6日 国連総会で中国の国共内戦への不介入を決議。
1950年1月6日 イギリスが中華人民共和国を承認し、中華民国と断交。
1950年1月6日 二俣事件
1950年1月6日 コミンフォルムが「日本の情勢について」と題する論文を機関誌『恒久平和と人民民主主義のために』に掲載。日本共産党による武装闘争の端緒となる。
1951年1月6日 江華良民虐殺事件
1967年1月6日 ベトナム戦争: アメリカ海兵隊が南ベトナムでメコンデルタ作戦を開始。
1968年1月6日 大相撲初場所の番付発表で、高見山が外国人力士として初めて入幕。
1975年1月6日 東京競馬場にてハイセイコーの引退式が行われる。
1975年1月6日 マラッカ海峡で太平洋海運所属の大型タンカー祥和丸(237698トン)が原油を満載した状態で座礁。原油流出を起こす。
1976年1月6日 平安神宮放火事件。平安神宮本殿などが新左翼活動家の放火により全焼。
1977年1月6日 国鉄が「一枚のキップから」キャンペーン開始。
1978年1月6日 聖イシュトヴァーンの王冠がアメリカからハンガリーに返還される。
1995年1月6日 アルカーイダによるテロ計画「ボジンカ計画」が事前に発覚する。
1998年1月6日 自由党結成。小沢一郎が党首に就任。
2001年1月6日 中央省庁再編。日本の中央省庁はこれまでの1府22省庁から1府12省庁に再編統合される。
2010年1月6日 シーシェパードの高速船「アディ・ギル」が日本の調査捕鯨船「第2昭南丸」に衝突。
2012年1月6日 北朝鮮漂流船問題が発生。
2013年1月6日 小笠原諸島父島で世界初となるダイオウイカの生きている姿の撮影に成功。
2016年1月6日 朝鮮民主主義人民共和国が水素爆弾による核実験に成功と宣言。(北朝鮮の核実験 (2016年1月))
2018年1月6日 荻田泰永が日本人初の無補給、単独徒歩での南極点到達を達成。
2018年1月6日 東シナ海の上海沖で石油タンカー・サンチ号が貨物船と衝突。(石油タンカー・サーンチーの衝突事故)
2018年1月6日 ヴァルソロメオス1世・コンスタンティノープル総主教が前日、ウクライナ正教会のロシア正教会管轄からの独立を承認するトモスに署名し、独立正教会となる。
2021年1月6日 この日をもってアメリカ合衆国次期大統領がジョー・バイデンに決定するも、複数のトランプ大統領支持者が国会議事堂を襲撃する事件が発生した。

【関連・参考サイト】
1月6日(Wikipedia)


前日  1月6日  翌日